診断士の経営視点とSEのシステム技術の両面からIT・システム開発・Web技術+アウトドア情報を提供しています

トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--------] スポンサー広告 | |

久しぶりにLinux上にPostgreSQLをインストールしました 

Linuxはプリインストール済み

毎日使ってはいますが、新しいシステムの開発で必要になったため、新規にLinuxサーバを購入しました。客先の意向でRedHatES4のプリインストールモデルになりました。

以前は自分でインストールしていました。プリインストールではどんな設定でインストールされているのか? おっかなビックリで起動してみると、Linuxとしてはちゃんと動きます。しかもGUIです。

ディスクは36GBを基準に適当にパーティションが切られていました。

データベースサーバとして使う

あとはPostgreSQLをインストールして、DBサーバとして使えるようにすればOKです。

ディスク上にRPMがあるので、インストール画面でチェックを入れて更新するだけです。簡単です。Linuxもずいぶんとっつきやすくなったものです。

ところが

postgresユーザを作り、DBをinitしようとすると・・・


initdbがfailedです。パーミッションやディレクトリ作成はOK,OKで進んでいたのに、スキーマの作成の後にfailed失敗しています。

どうもSELinuxがらみの問題らしい

こんな時はネットに頼るしかありません。initdb failed で検索してみると、postgresユーザを作り、DBをinitしようとすると・・・何と6万件もヒットします。fedoraProjectに参考になるページがありました。スレッド : PostgreSQLのinitdbでfailed

記述されたとおりに、rootになって setenforce 0 をやって、initdbすると、Successでした。

createdb ××× これもOK。SQLも正常に処理されます。

一件落着か とホット一息

ところが

サーバを再起動すると、PosgtgreSQLの起動が失敗しています。何で!。ログをみてみると、再起動直後にSELinuxが何かやっています。こんな時はネットに頼るしかありません。RedHatのリファレンスからSELinuxのページにたどり着きました。

どうも再起動時にSELinuxが権限を設定して書き込みに失敗しているようです。SELinuxをdisableにしてみます。/etc/sysconfig/selinux/config で SELINUX=disable にして、再起動。今度はPostgreSQLの起動もOKでした。

何とか起動できるようにはなりましたが、SELinuxの設定が・・・・



[2006-03-03] システム開発 | TB(0) | CM(2)

SELinux

SELinuxですか。最近はメジャーなサーバアプリケーション用の設定はされているらしいんですが、出始めの頃はいろいろ不都合がありましたね。
私がいじるLinuxサーバはインターネットに公開するわけではないので、はなっからdisableにしてしまいます。だから、いまだによく分からない。(^^ゞ
[ 編集 ] [2006/03/07 11:41]

takasunaさんに教えてもらおうとおもったのに
[ 編集 ] [2006/03/07 13:15]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wiz2.blog16.fc2.com/tb.php/85-67d17c0a








トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。