診断士の経営視点とSEのシステム技術の両面からIT・システム開発・Web技術+アウトドア情報を提供しています

トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--------] スポンサー広告 | |

システム開発と契約書 失敗しないシステム構築のために 

システム開発契約の難しさ

システムの開発は、形のないところから形にできないものを、発注者と受注者が共同で創り上げる作業である。

システムという抽象的なものが対象であり、システム知識の不十分な発注者=ユーザと業務知識が不足している受注者=開発者の間の意思疎通が極めて困難であるため、作業の遅延・納品物への不満・採算割れといったトラブルがしばしば発生する。

これらの問題を減少させるには、契約段階からリスクを管理する必要があるが、金銭面を背景とする力関係や営業上の目標達成が優先し、リスクに目をつぶった契約となることが多い。

建築業界に学ぶ

形のないところから形のあるものを共同作業で造り上げる建築業界でも同じような問題があったが、業界で共通の契約約款を作り、統一された基準よる規定や解釈を行うことで契約に伴う紛争を未然に防止するようになった。

建築の場合、図面を造る設計段階と実際に家を造る製造段階に分け、設計は設計委託契約、製造は建築請負契約を締結している。設計と製造で契約を分け、各段階の責任と成果物を明確にすることでトラブルを防いでいる。

ここで用語解説
請負契約とは、『当事者の一方が、ある仕事を完成することを約し、相手方が、その仕事の結果に対して、これに報酬を与えることを約す』契約(民法632条)。

委任契約とは、『当事者の一方が、法律行為をなすことを、相手方に委任し、相手方がこれを承諾する』契約(民法643条)。さらに『法律行為にあらざるジムの委託にこれを準用する』(民法656条)

つまり、請負契約はモノを完成させることを約束する契約、委託(委任)契約は事務の遂行を約束する契約である。

請負契約には瑕疵責任や損害賠償責任があり、完成できないと支払ゼロ、問題があれば一定期間は補修する必要があり、場合によっては賠償責任も発生する。

一方、委任契約には、『善良なる管理者の注意をもって移委任事務を遂行する義務』がある。

以下、次回に続く

通産省のガイドライン

JEIDAのソフトウェア開発モデル契約書

JISAによる新しいモデル契約書


[2006-01-20] システム開発 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wiz2.blog16.fc2.com/tb.php/73-7cec5d16








トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。