診断士の経営視点とSEのシステム技術の両面からIT・システム開発・Web技術+アウトドア情報を提供しています

トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--------] スポンサー広告 | |

MTOS4.261からMT5へバージョンアップするには 

この記事は MTOS4.261 を MTOS5.03 にバージョンアップする作業の記録です。

バージョンアップ前の環境
サーバはサクラ、MTOSのバージョンは 4.261、データベースは SQLite、MTOSでは使っていないが MySQL は 4 がインストール済みだった。

MTにログインして、ツール>バックアップを開き 圧縮しない 分割しない でバックアップを作成する。
バックアップは mt-config.cgi の TempDir で指定されたフォルダーに作成される。
(TempDirを書いておかないと、サーバルートに作成されるようだ!)

さて、バックアップが正常に作成されていることを確認したら、バージョンアップ作業を開始する。

MTOS5系では SQLiteがサポートされない(使うことは可能)ので、MySQL4を削除して MySQL5.01 でDBを作成する。コントロールパネルのデータベース設定メニュを選択し、データベースを削除し、推奨されている5.1で作成し、パスワードを設定するだけ。操作としては簡単なものだ。MySQL4とはデータベースサーバの番号が変わるので設定ファイルにも後で反映する必要がある。

以下、続く。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wiz2.blog16.fc2.com/tb.php/539-a304786c








トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。