診断士の経営視点とSEのシステム技術の両面からIT・システム開発・Web技術+アウトドア情報を提供しています

トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--------] スポンサー広告 | |

MT5へのバージョンアップ Part4 CMS風のサイトの構成 

ウェブサイトとブログの関係

MT(MovableType)5.0では、「ウェブサイト」の下にブログを作ることになっている。

サイトURLを指定してアクセスした場合、最初に表示されるのはMT5で新しく導入された「ウェブサイト」で、その「」ウェブサイト」の中にブログがある という構成だ。

前の記事でも書いたが、ウェブサイトという名前はなんとかならなかったのか? 一般的な、いわゆる「ホームページ」と呼ばれているウェブサイトと区別できなくて、説明が混乱してしまう。仕方がないので、MTでいうところの「ウェブサイト」は、できるだけカッコ「」を付けて書くことにする。

ウェブサイトの狙い

では、何のためにややこしい「ウェブサイト」を追加したのか?

おそらくはCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)としての使い勝手を考えてのことだろう。ビジネスサイトとして使いこなすために、MTに限らずWordPressでも、日記としてのブログ記事とは違う系列のページを追加してきた。

今回の「ウェブサイト」には、MTを導入しただけでビジネスサイトとしても使えるように という狙いがある。

ウェブサイトでできること

MTの狙い通り「ウェブサイト」によって、ビジネスサイトが作りやすくなったのだろうか?

MT5.0には新しく「プロフェッショナルウェブサイト」というテンプレートが付属している(残念ながら、MTOSには付いていない!)。この「プロフェッショナルウェブサイト」テンプレートの中を確認しながら、「ウェブサイト」でできることを確認してみよう。

Part 5につづく



年末集中連載企画 「MovableType5.0特集」 過去記事一覧

  1. MT5へのバージョンアップ Part1 孤独なブログ
  2. MT5へのバージョンアップ Part2 MT5をインストールする
  3. MT5へのバージョンアップ Part3 ブログさえあれば良いという場合は
  4. MT5へのバージョンアップ Part4 CMS風サイト構成の狙い
  5. MT5へのバージョンアップ Part5 ニワトリはお好きですか?
  6. MT5へのバージョンアップ Part6 ウェブサイトとブログの微妙な関係


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wiz2.blog16.fc2.com/tb.php/501-d5bb1fb5








トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。