診断士の経営視点とSEのシステム技術の両面からIT・システム開発・Web技術+アウトドア情報を提供しています

トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--------] スポンサー広告 | |

MT5へのバージョンアップ Part2 MT5.0をインストールする 

MovableType5.0をインストールする

先にこちらの記事を書くべきだった。MovableType5.0のインストールメモだ。

とはいえ、MT4と同じ手順、提供元のサイトには、ディレクトリの構成を先に決める云々とあるが、mt-staticを既定のままで使うなら、考えるまでもない。

MTはサイトの下にブログを作り、ブログの上にサイトを作る

ただ、MovableType5.0およびMTOS5.0では、ウェブサイトがあって、その下にブログが作られるという点だけを理解しておく必要がある。

MovableType5.0インストール手順

  1. ダウンロード
  2. 解凍
  3. サーバにアップ cgi-bin/MT5 等々
  4. cgiの権限変更
  5. mt-static/supportの権限変更 777?
  6. サイトにアクセス http://XXX.XXXXXX.com/cgi-bin/MT5/mt.cgi 等々
  7. インストールウィザード起動
  8. 流れに沿って入力
  9. データベースを指定
    MT5ではMySQLしか使えないという話しもあったが、正式版では SQLiteも選択できる
  10. SQLiteの場合、DBディレクトリを作成し権限設定
    権限がないと再試行メッセージ表示
  11. インストール完了
  12. ウェブサイトのダッシュボードが表示される

ここで焦って、サイトを表示しても何も表示されない。Forbidden等々

ブログを作り、ブログ記事またはウェブページを新規作成するか、ウェブサイトにウェブページを新規作成する必要がある。

さらに、ブログの記事およびウェブページの場合は、ブログだけでなく、ウェブサイトも再構築する必要がある。



年末集中連載企画 「MovableType5.0特集」 過去記事一覧

  1. MT5へのバージョンアップ Part1 孤独なブログ
  2. MT5へのバージョンアップ Part2 MT5をインストールする
  3. MT5へのバージョンアップ Part3 ブログさえあれば良いという場合は
  4. MT5へのバージョンアップ Part4 CMS風サイト構成の狙い
  5. MT5へのバージョンアップ Part5 ニワトリはお好きですか?
  6. MT5へのバージョンアップ Part6 ウェブサイトとブログの微妙な関係


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wiz2.blog16.fc2.com/tb.php/499-22f9dfab








トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。