診断士の経営視点とSEのシステム技術の両面からIT・システム開発・Web技術+アウトドア情報を提供しています

トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--------] スポンサー広告 | |

MTの引越し(サーバを移転する) 

MovableType サーバ移転

MTを使っているうち、サーバを移転必要に迫られることがある。再構築で500エラーが出る、再構築が遅くなった、あるいはIPアドレス分散のために新しくサーバを借りた 等々。

そんな場合、新しいMTではバックアップと復元機能を使って移転することになる。

MTのバックアップと復元

MTはバックアップと復元という機能を標準で持っている。旧ブログでバックアップし、新ブログに復元するという手順だ。ただし、新旧ブログのバージョンが一致していることが前提となる。

バージョンが同じでも復元できない

ところが、MTのバージョンが一致していてもバックアップしたデータが復元できない。サーバの設定によるものか? DBの問題か? 記事は復元できるが、コメントが復元できない。カテゴリがない 等々。原因はいろいろ考えられるが、ともかく復元できなければせっかくの新サーバが使えない。

ご相談があり、念のためバックアップと復元を再試行するが、復元時にMTのバックアップ機能が自動的に作成したマニフェストファイルが読み込めない。それではと、旧サーバに保存したバックアップディレクトリを新サーバのimportにアップロードして、復元時にファイル名を指定せずに復元してみた。ブラウザの処理は完了するが、公開パスの指定画面がでない。新サーバで確認してみると、やはり記事だけが復元されている。しかも、公開パスは旧サーバのままだ。

MTが復元できない場合の対応

MTの旧バージョンではエクスポート・インポートで移転したことがある。この方法で移転してみたところ、コメントやカテゴリも含めて移転できた。以下、とりあえず手順のみを示す。

1.旧ブログからエクスポート
2.エクスポートファイルを手動で分割
  一括してインポートしたところ3000行で中断するので、記事を区切りに3000行程度で9つのファイルに分割する。
3.URLを手動で変更
  エディタで旧URLを新URLに変更、これをやらないと、リンク先が旧ブログのままとなるため。
4.インポート
  ファイルを一個づつ、9回に分けてインポート
5.カテゴリの出力先変更
  インポートでは適当な出力先がつけられるので、旧ブログと同じ出力先になるように変更、新旧ブログのURLを一致させるため。
6.再構築

確認したところ、記事・コメント・カテゴリが移転できている。ただし、画像ファイルはエクスポートの内容には含まれないので、別途FTPで新サーバにアップする必要がある。

さらに詳細にチェックしたところ、一部のコメントが欠落している。インポート時に取り込まれなかったようだ。対策も含めて詳細は後日



ありがとうございます

連日たいへん有効な情報をありがとうございます。
今日のは難しくて、極力引っ越ししたくないです。
[ 編集 ] [2009/10/26 22:35]

うまく行けば・・・

ティンカーベルさん、いらっしゃい。

MTの移転、うまく行けば何のことはないのですが、
いったんハマると結構たいへんです。
できれば引越しはしないのが一番です。
[ 編集 ] [2009/10/27 11:05]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wiz2.blog16.fc2.com/tb.php/487-0a634ff4








トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。