診断士の経営視点とSEのシステム技術の両面からIT・システム開発・Web技術+アウトドア情報を提供しています

トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--------] スポンサー広告 | |

相互リンク 相手は本当にリンクしてくれているのか? 

相互リンクの疑問

Googleのページランク神話がまだ広く信じられていた頃、ページランクの向上に有効だということで一生懸命、相互リンクに励んだ人も多いだろう。

相互リンクが本当にページランクのアップに有効かどうか?は別なお話しとして、さらにページランクのアップがSEOで有効かどうか?も別なお話しとして、ここでは、相互リンクの相手が本当にリンクをはっていてくれているかどうか? の疑問について調べてみよう。

相手からのリンクを調べる方法

これは結構たいへんだ。GoogleやYahoo!(YST)のlink:http://・・・・ でもリンク先は表示してくれるが、フィルターが掛けてあるので本当のリンクの有無はわからない。

相手先のサイトに行き、すべてのページのリンクをしらみつぶしに調べる・・・これは面倒だ。

被リンクの数を調査するツールがあった

相手からのリンク=被リンクを調査してくれるツールがある。

SEO-SO 相互リンクチェックツールがそのツールだ。

自サイトのURL(別に自分のサイトでなくてもOK)と自サイトのリンクページのURLを入力し、チェックをクリック。これだけで、リンクページのURLから相手先のサイトを調査して、自サイトへのリンクの有無とその数を表示してくれる。

相互リンク専門のツールではないので、片リンクならリンク数はゼロとなるが、相互リンクなら少なくとも 1つはリンクがなくてはならない。

相手もリンクしてくれているか?

さて、あなたの相互リンク先はリンクをはっていてくれていましたか?

この記事は、SEO-SO 相互リンクチェックツールの調査の正確性を保証するものではなく、ツールの正確性を検証したわけでもないことにご注意を。ツールを使用して調査した場合、相互リンク先がリンクしていても検知できないことも十分考えられます。

このサイトについて言えば、トップページのリンクにある 「SEO対策ディレクトリ型検索エンジン Su-Jine」へのリンクは、相手先リンクなしという調査結果だったが、相手先のサイトを確認したところ、「[コンサルティング] 中小企業診断士兼システムエンジニアの複眼ブログ - 中小企業診断士の経営視点とSEのシステム技術の両面からIT・システム開発・Web技術情報を提供 」というサイト紹介とリンクがあった。あまりツールを過信せず、概要の把握に使い、最終的には自分の目で確認するしかないということ。あくまで目安としてお使いください。


[2009-06-09] ウェブ講座&SEO | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wiz2.blog16.fc2.com/tb.php/455-5f75c74a








トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。