診断士の経営視点とSEのシステム技術の両面からIT・システム開発・Web技術+アウトドア情報を提供しています

トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--------] スポンサー広告 | |

FC2ブログのライバル シーサーブログてビジネスサイトを作る 

シーサーブログとFC2

R0014192シーサーブログは多くの点でFC2ブログと似ている。機能が豊富、豊富すぎて初心者には使いこなしが難しい面がある、カスタマイズOK、アフィリエイトOK、独立系?だが長年の信頼はある、広告が少ない などなど。ブログファンによると FC2のアクティブユーザ数が 395,395、一方シーサーは100,346。FC2は依然として高水準を維持しているが、シーサーは減少傾向のようだ。充実したブログなのになぜだろう。ハードルが高いのが原因だろうか? あるいはテンプレートのデザインに問題があるのか? 個人的には、FC2もシーサーも LiveDoorブログなどと比べれば、はるかに優れていると思うのだが。

シーサーブログの特徴 FC2との違い

独自ドメイン以外に、FC2ブログとシーサーブログではテンプレートの考え方が大きく異なっている。FC2はHTMLとCSSをセットにしてテンプレートとして提供している。公式・共有あわせて 5,000種類以上という圧倒的な数がウリだ。シーサーのテンプレートは基本的にCSSの違いによるもの。テンプレートではなくデザインと呼んでいるのはそのためだろう。FC2と比べると選択できるデザインの数は少ない。最近、画像からテンプレートを作成できるようになったらしいが、今回は手を出さない。

シーサーのカスタマイズはCSSだけでOK

シーサーブログがデザインだけでHTMLを配布していない理由はコンテンツにある。シーサーの言うコンテンツとはページに配置する要素のことだ。FC2のプラグイン、あるいはXOOPSのブロック管理のようなもの。ただし、シーサーの場合、FC2プラグインに比べて配置および設定の自由度が高い。

FC2のプラグインはプラグインカテゴリ1,2,3、として、サイドバー左、右、中央(メインコンテンツ)に配置するが、シーサーは左・右・中央に加えてヘッダやフッタにも配置できる。ヘッダには、ブログ名やブログの説明がコンテンツとして配置・入れ替えが可能だ。さらに、シーサーでは、ブログの記事もコンテンツとして管理できる。記事をコンテンツとして管理できることで、テンプレートの負担を減らし、スタイルシートだけで柔軟な対応が可能となっている。この点はFC2のプラグインよりすぐれている。

シーサーブログはトップページだけに限定して表示することもできる

注目すべきは、コンテンツ管理の中で、ページレベルごとの表示非表示まで制御できることだ。特定の要素をトップページだけに設置する といったことができる。XOOPSのブロック管理のように。しかもXOOPSのように面倒ではなく、コンテンツの配置画面で、トップページ/カテゴリページ/個別記事ページのアイコンをクリックするだけで済んでしまう。

FC2の場合、テンプレートのHTMLに手を入れて !--index_area-- !--/index_area-- などと書いていたが、シーサーブログがそんな苦労は必要ない。アイコンのクリックだけだ。

ブログで作るビジネスサイトにはコンテンツの表示非表示が必須

日記ブログの場合、トップページ/カテゴリページ/個別記事ページの表示の切り替え機能は必要ないかもしれないが、ビジネスサイトにとっては重要な機能だ。トップページが常に入れ替わってしまっては不都合だからだ。トップページの上部に表示される内容を固定することがビジネスサイト化の第一歩だ。シーサーブログなら、何の苦労もなく対応できる。


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wiz2.blog16.fc2.com/tb.php/374-219ab0cd








トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。