診断士の経営視点とSEのシステム技術の両面からIT・システム開発・Web技術+アウトドア情報を提供しています

トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--------] スポンサー広告 | |

MTビジネステンプレートの機能1 ページごとにkeywords を埋め込む 

ページごとに meta keywords が設定できる

meta は、METAinformation(メタ情報)の略(とほほより)であり、HTMLの冒頭に設定される情報である。meta keywords にページで使われているキーワードを設定することが検索エンジンの基本とされている。meta keywords は古典的な検索エンジン対策であるが、今だに Yahoo! YST は meta keywords を読んでいるようなのでおろそかにはできない。MTOS4.2ビジネステンプレートは、ページごとのキーワードをmeta keywords に設定している。

キーワードはページごとにちがってくるはず

キーワードはサイト内の全ページで同じ ではなく、ページごとに、ページに書かれているキーワードを設定する必要がある。

サイト全体でカメラの話をしていても、各ページで取り上げる話題は異なっているはずである。あるページでは、デジタル一眼レフについて、別のページでは撮影方法について などなど。

それらのページごとに異なるキーワードを、カメラというキーワードとともに meta に設定することが検索エンジンの上位表示を獲得するためには必要とされている。

MTOS4.2ビジネステンプレートではページごとにキーワード設定できる

MTOS4.2ビジネステンプレートでは、記事投稿画面で入力したキーワードが meta keywords に出力され、ページごとに変化するキーワードへの対応が可能となっている


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wiz2.blog16.fc2.com/tb.php/334-0b97db30








トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。