診断士の経営視点とSEのシステム技術の両面からIT・システム開発・Web技術+アウトドア情報を提供しています

トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--------] スポンサー広告 | |

Joomlaでビジネスサイトをつくる とりあえず編 

とりあえずJoomlaでビジネスサイトをつくる

ここまで人気のCMS Joomla の使い方を調べてきた。次のステップとして、Joomlaで一般企業向けのビジネスサイトをつくることにする。ただし、ここまでの学習の区切りとして、「とりあえず」つくるだけ。本格的なビジネスサイト構築にはテンプレートの理解が必須となるが、それは今後の課題とする。

メニューを整理する


Joomlaの標準インストールでは、いろいろなサンプルが設定されることになっている。Joomlaのイメージをつかむには便利なことだが、実際にサイトを作ろうとすると、これらサンプルデータが邪魔になってくる。まずは、メインメニューを整理しよう。

管理画面 → メニュー で mainmenu を選択し、メニューアイテムの一覧を表示する。一覧の中から不要なものをチェックし、非公開にする。あるいは思い切って削除する。

JoomlaもXOOPS同様ポータルサイトやコミュニティサイトの構築をイメージしているために、ビジネスサイトとしては不要 なものが多いはずだ。

Joomlaライセンス・ニュース・FAQs・ラッパあたりは不要だろう。これで、とりあえずメインメニューがすっきりした。

モジュールを整理する

次はモジュールを整理しよう。モジュールとは、単に機能を追加するだけでなく、コンテンツを取り囲む情報を追加する部品だ。Joomlaの上左右にある、もろもろの枠がモジュールである。

管理画面 → モジュール → サイトモジュール でモジュールの一覧が表示される。ざっと20個はあるだろう。不要なモジュールを非公開にする。モジュールは削除しないほうがいいだろう。チェックオンで一括非公開にもできるが、一つづつ非公開にし、サイトをプレビューするとモジュールの使われ方が把握できて勉強になるだろう。ページの無いモジュールは非公開にしてもサイトは何も変わらない。

バナー・アーカイブ・セクション・関連項目・テンプレートチェンジャー・投票・ランダムイメージあたりはとりあえず不要とする。

最新ニュースと人気記事は残しても良いが、フロントページのコンテンツの最上部に表示される。配置を変更する必要がある。目ざわりなら非公開にしておこう。アクセスレベルはまだ設定していないはずなので、ログインフォームも不要にする。

メインメニューを見直す

これでメニューもレイアウトもだいぶスッキリして、ビジネスサイト風になってきた。一応の整理がついた時点で、メインメニューを確認しておこう。

HOME はトップページを表示するリンク

ブログ はblogコンテンツを自動的に集めて表示している。店長ブログやスタッフブログなど、複数のブログがある場合、記事をまとめて表示することになる。ブログの新着情報的な使い方ができる。個別のブログのメニューは別に作った方が良いだろう。

リンク は文字通りリンクページを表示する。コンポーネントで実現されているので、管理画面 → コンポーネント → Webリンク で、リンクカテゴリを追加し、リンクアイテムを追加する。表示は メニューのリンク → リンクカテゴリ → リンクアイテム という階層になる。ここも リンクセクション → リンクカテゴリ → リンクアイテム という考え方が基本となっている。

お問い合わせ では問合せ先の住所等の情報とメール送信フォームが表示される。ここは後回しにしておく。

検索 あいまい検索などの条件を指定してサイト内を検索する。検索ボタン(検索モジュール)の検索結果と同じ画面。

トピックス ビジネス一般やJoomlaなどの最新記事が表示される。これは非表示にしておいたほうがいいかもしれない。

トップメニューを見直す

トップメニューは画面の最上部に表示されるメニューだ。既定では リンク・お問い合わせ・HOME がメニューアイテムとして表示されている。ここにサイトマップを追加し、静的コンテンツとして作成したサイトマップページへのリンクを貼る。

数多いコンテンツの種類の中から、静的コンテンツへのリンクを選択した。

とりあえずビジネスサイトをつくるには

上のサイトマップの同様、プライバシーポリシー(個人情報保護方針)や採用情報など、1ページに書ける記事の場合、セクション・カテゴリに属さない静的コンテンツとしてページを作り、トップメニューやメインメニューからリンクを貼るだけで簡単な企業サイトなら作れてしまうだろう。

会社案内のように、社長のごあいさつ・事業概要・経営理念・会社沿革・地図などなど階層化するコンテンツであれば、メインメニューセクションに会社案内カテゴリを作り、この中のコンテンツアイテムとして各ページを追加すればよい。

あまり面白いサイトにはならないかもしれないが、とりあえず会社のホームページを作りたいという要求には対応できるだろう。

とりえずの限界?

right に配置したモジュールをすべて非表示にするとコンテンツ部分の右メニューが消えて2カラムタイプになるが、タイトル画像の右のエリアは残る。

モジュール一覧でトップメニューを非表示にしても、トップメニューのエリアは表示されてしまう。

テンプレートで領域が定義されているためだと思われる。ここまでくると、「とりあえず」の限界が見えてくる。

既存のテンプレートの中から自分のイメージに合ったものを探し出して適用する という手も使えるが、探すのに時間がかかるし、拡張性もない。やはり、テンプレートに手をいれるしかないようだ。

この記事は下記のページ、サイトを参考にしています。先行者に感謝いたします。

Joomlaism Joomlaの道しるべ



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wiz2.blog16.fc2.com/tb.php/240-08250be3








トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。