診断士の経営視点とSEのシステム技術の両面からIT・システム開発・Web技術+アウトドア情報を提供しています

トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--------] スポンサー広告 | |

Joomlaのコンテンツレイアウト 

ブログ型コンテンツをレイアウトする

Joomllaではメニューを追加する際に、メニュータイプを指定する。コンテンツのレイアウトは、メニュータイプにより異なっている。メニュータイプは種類が多く、すべてのタイプを理解するのは少々たいへんだ。まず、前々回の記事で選択した blogコンテンツカテゴリから始めることにする。

blogコンテンツカテゴリとは 1ページに複数の記事が表示されるタイプ。ブログのカテゴリ表示と同様だ。表示される複数の記事の配置を指定する。

参考サイト等でも、このblogコンテンツカテゴリのレイアウトが例として取り上げられているが、考えてみればブログ以外の一般のサイトでも、メニュー → カテゴリ → 個別ページ という順序で表示することが多い。ネットショップなども、カテゴリで商品一覧を表示するのが当たり前となっている。また、Joomlaのフロントページ(トップページ)も、このblogコンテンツカテゴリで配置されているようだ。という意味で、重要かつ使えるレイアウトだと言える。


管理画面 → メニュー → メニュー管理 で表示された一覧から設定するメニューのメニューアイテムをクリックする。または、メニューのドロップダウンリストから設定するメニューを選択し、チェックオンで編集アイコンクリック(メニュー名をクリック)する。

メニュー管理の一覧でメニューを選択して編集するとメニュー名の編集画面になるので戸惑ってしまう。(このあたり分かりにくい!)

画面右のパラメータエリアの見出し・イントロ・コラム・リンクを指定して配置を決定する。ただし、ここで見出し云々については、日本語のイメージとJoomlaの使われ方が違う(少なくとも私には)のでJoomlaでの意味を理解しておく必要がある。

ブログ型コンテンツのレイアウトパターン

ブログ型コンテンツ、あるいはフロントページ(トップページ)の配置には4つのパラメータがある。

見出し
コンテンツ一覧の先頭に表示
横100%で表示
ページの概要(追記より前の部分)を表示
表示する記事の数を設定する
イントロ
見出しの下に表示
カラム(後述)の数に分割して表示
ページの概要(追記より前の部分)を表示
表示する記事の数を設定する
リンク
イントロの下左に表示
記事の見出しとリンクのみ表示
コラム
イントロの列数(段組みの横の数)を設定

つまり、blogコンテンツカテゴリ(面倒なので以下カテゴリページとする)の配置では、上から順に、見出し(M) + イントロ(I) + リンク(L)とレイアウトされ、イントロはカラム(C)で指定した列数で段組み(表形式)表示され、M + I + L 合計分の記事が表示される。

ブログ型コンテンツの表示順序

カテゴリ内の表示順は、メニューアイテム編集画面(例の分かりにくい操作で指定する)のパラメータエリアの記事表示順で指定する。

記事表示順の指定パターンはいくつかあるが、アルファベットは使わないことが多いので、ブログ風に新しい順するか、指定順を選択することになるだろう。商品ページなどであれば、人気順も使える。

指定順を選択した場合、コンテンツアイテムの編集画面の左の公開情報エリアの表示順で順番を指定することになる。記事を一つづつ選んで指定するのは面倒だが、順番を指定した後、他の記事の順番を入れ替えてくれるので、すべての記事の順番を指定する必要はない。順番の横に記事のタイトルを表示してくれる点とあわせて親切な機能だ。Joomlaに座布団一枚!

この記事は下記のページ、サイトを参考にしています。先行者に感謝いたします。

Joomlaism Joomlaの道しるべ



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wiz2.blog16.fc2.com/tb.php/238-72aa7c9d








トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。