診断士の経営視点とSEのシステム技術の両面からIT・システム開発・Web技術+アウトドア情報を提供しています

トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--------] スポンサー広告 | |

Joomlaでコンテンツを作成する 

コンテンツを作成してみる

Joomlaでは、コンテンツは必ずカテゴリに属し、カテゴリは必ずセクションに属することになる。新しいコンテンツを作成するには、まずセクションから作る必要がある。

セクションを作成する

管理メニュ → コンテンツ → セクション管理画面を開く。既定のセクションとして、ニュース、ニュース速報、FAQなどがある。画面上部の新規アイコンをクリックしてセクション追加画面を開く。

とりあえずはタイトルとセクション名に同じ文字を入れておけばセクションとしてはOK。イメージやアクセスレベル等は後日。保存アイコンのクリックでセクションが追加される。

ただし、セクションを追加しただけでサイトには反映されない。

カテゴリを作成する


管理メニュ → コンテンツ → カテゴリ管理画面を開く。既定のカテゴリは、最新ニュース、ニュースフラッシュ、サンプルFAQがある。新規アイコンをクリックしてカテゴリ追加画面を開く。

セクションと同様にタイトルとカテゴリ名を入力する。カテゴリの場合は、カテゴリが属するセクションも選択しなければならない。

追加しただけではサイトに反映されない点はセクションと同様

コンテンツを作成する

セクションとカテゴリを追加したら、コンテンツアイテムが追加できる。コンテンツとはセクション、カテゴリを含めた概念で、個々の記事=ページはコンテンツアイテムとなる。したがって、正確にはコンテンツアイテムを追加する。

管理メニュ → コンテンツ → すべてのコンテンツ で全コンテンツ(アイテム)が一覧表示される。過去のコンテンツ(アイテム)の編集もこの画面から行う。

新規アイコンのクリックでブログでいう投稿画面が開く。タイトルを入力し、セクションを選択した後、セクション内のカテゴリを選択する。

記事本文は概要に入力する。概要は必須入力。概要の下に本文欄があるが、これはブログの続きを読むの部分となる。ここらの用語でちょっと戸惑ってしまった。保存アイコンで投稿終了。

ブログと違ってコンテンツを作成してもトップページの先頭に記事が表示されることはない。最新ニュースや人気記事セクションが有効であれば、それらにタイトルが表示されるが、記事本文は表示されない。新しいコンテンツを表示するにはメニュを設定する必要がある。

静的コンテンツもある

Joomlaには、コンテンツアイテムは必ずセクション、カテゴリに属すという原則がある。この原則から除外され、セクションにも、カテゴリにも属さないコンテンツアイテムも作成できる。このセクション・カテゴリから独立したコンテンツしたコンテンツのことをJoomlaでは静的コンテンツと呼んでいる。WordPressでいう Page に近い。日本語のイメージでは動的なコンテンツに対して静的なコンテンツか?と思ってしまうが、Joomlaの考えは違うようだ。このあたりの用語のイメージの違いも戸惑いの元になる。

この記事は下記のページ、サイトを参考にしています。先行者に感謝いたします。

Joomlaism Joomlaの道しるべ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wiz2.blog16.fc2.com/tb.php/234-56bac433








トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。