診断士の経営視点とSEのシステム技術の両面からIT・システム開発・Web技術+アウトドア情報を提供しています

トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--------] スポンサー広告 | |

誰にでも見てもらえるサイトの作り方 Web版ユニバーサルデザイン 

ユニバーサルデザインとWebアクセシビリティ

ユニバーサルデザインとは
米国のノースカロライナ州立大学教授で建築家・工業デザイナーであるロナルド・メイ氏が70年代に提唱した概念で「可能な限り最大限、すべての人が利用できるように、製品や環境を設計・デザインすること」と定義付けられています。(すまいを建てる・ユニバーサルデザインより http://www12.ocn.ne.jp/~hagi.d/universa.htm)
国立国語研究所の言い換え「すべての人のためのデザイン」

JIS規格の登場 規格番号 JISX8341-3

名称:「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」
平成16年6月20日制定

この規格は,ホームページ上などで提供される電子的な情報(コンテンツ)が満たすべき具体的な要件を規定しています。これにより、パソコンなどのハードウェアの規格だけでは実現できなかった、非テキスト情報などへのアクセシビリティの向上が期待されます。(2004年6月21日付 JIS規格報道向け資料より)

アクセシビリティとは?

 


情報やサービス、ソフトウェアなどが、どの程度広汎な人に利用可能であるかをあらわす語。特に、高齢者や障害者などハンディを持つ人にとって、どの程度利用しやすいかという意味で使われることが多い。accecibilityとは「受け入れられやすさ」という意味の英単語である。 例えば、手や腕の障害のためにマウスを使えない場合、ソフトウェアはキーボードだけで利用可能である必要がある。弱視や老眼の人にとってはフォントサイズや配色は容易にカスタマイズ可能でなくては見にくい。視覚障害の人は読み上げソフトを使うので、それに適したレイアウトや記述方法が求められる。

特に、Webページについての「利用のしやすさ」を「Webアクセシビリティ」という。これについては「WCAG」(WebContentAccessibilityGuidelines)という指針がW3Cによって提唱されている。画像や音声などには代替テキストによる注釈をつける、すべての要素をキーボードで指定できるようにする、情報内容と構造、および表現を分離できるようにするなどの方針が定められている。
IT用語辞典 e-Wordより

JIS規格の例

  • ウェブコンテンツは、関連する技術の規格及び仕様に則り、かつそれらの文法の従って作成しなければならない。
  • ウェブコンテンツは、見出し、段落、リストなどの要素を用いて文書の構造を規定しなければならない。
  • ウェッブコンテンツの表示スタイルは、文書の構造と分離して、書体、サイズ、色、行間、背景色などをスタイルシートを用いて記述することが望ましい。
  • 文字のサイズ及びフォントは、必要に応じ利用者が変更できるようにしなくてはならない。

JIS規格の影響

公的な規格の制定→官公庁・大企業は規格に準拠したサイトの構築に迫られる→JIS規格とWEB原理主義は極めて近い!→原理主義者にとってのビジネスチャンス!

JIS規格に対応するためにやるべきこと

  1. ◎5.1.a 文法的に正しいHTMLを書く
  2. ◎5.1.aブロックエレメントとインラインエレメントをきちんと使い分ける
  3. ◎5.1.aすべての文はブロックエレメントの中に入れる
  4. ◎5.1.a Hタグは1から順番に使う
  5. ◎5.2.a コンテンツを構造化する
  6. ◎5.2.b デザインはスタイルシートで設定する
  7. ●5.2.b 利用者によるスタイルシートに切り替え
  8. ◎5.2.dレイアウトのためのテーブルの使用はやむを得ない場合のみとする
  9. ◎5.2.e キーワードを入れたタイトルをつける
  10. ◎5.2.f フレームは使わない
  11. ●5.3.a キーボードのみの操作 アクセスキー
  12. ◎5.3.e 勝手に新しいウィンドウを開かない
  13. ●5.3.h ナビのスキップ
  14. ◎5.4.a画像にもキーワードを含んだALT属性を指定しておく
  15. ◎5.6.a 文字サイズは固定しない(フォントも!)
  16. ◎5.9.a DocTypeやLang属性を正しく指定する
  17. ○画像を多用しない
  18. ○テーブルの入れ子はできるだけシンプルなものにする
  19. ○画面サイズは利用者の環境に合わせられるようにする
  20. ○画面スクロールはできるだけ避ける

◎:検索エンジン対策・原理主義と共通、●:JIS独自、○:JISには含まれない

更新履歴
2004. 7. 1 講習会資料として作成
2005.6.9 松本ソフト開発センターでの資料としてアレンジ
2005.11.吉日 中小企業診断士兼システムエンジニア複眼ブログにアップ


[2005-11-15] ウェブ講座&SEO | TB(0) | CM(1)

☆お誘いです☆

突然のコメント失礼します。
この度、新規にブログの検索&ランキングサイト立ち上げました。
ブログを拝見させていただき、内容もよく、大変よくできているブログであると感じました。
このブログを【bitz】の「ビジネス・職業」カテゴリにも登録して、
もっと多くの人に読んでもらいませんか?
上位のブログにはトップページから直接リンクされるので、
多くのアクセスとSEO効果が期待できます。
宜しくお願い致します。

ヵヮィィ☆ブログランキング【bitz】
http://bitz.tv/brank/

参加をお待ちしています☆
[ 編集 ] [2005/11/22 15:27]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wiz2.blog16.fc2.com/tb.php/23-639a2436








トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。