診断士の経営視点とSEのシステム技術の両面からIT・システム開発・Web技術+アウトドア情報を提供しています

トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--------] スポンサー広告 | |

ブナの森で出会ったクマの爪痕 

信州産ブナの森探訪 シリーズ2

ブナといえば東北、白神山地が脚光を浴びていますが、信州のブナ林を探訪しています。前回に続いて、小谷村のブナ林を訪ねました。

小谷村にはブナの森が各所に残っています。前回は小谷温泉から妙高への林道をさかのぼって、日本で二番目に大きなブナの巨木を見てきましたが、今回は姫川の対岸のブナとミズナラの森を再訪しました。

巨木とまではいきませんが、胸高直径1メートル近くのブナが林立しています。下枝を踏み分けてブナの林を登っていくと、やがてブナは杉に変わります。

R0011797 ブナ林もここまでか と思って、近くの樹を見ると、白い幹に五本の指の跡が・・・

クマの爪痕(指痕)でしょうか? 辺りを見回して、一目散に撤退しました。

帰って調べてみると、やはり爪痕のようです。こちらのサイト マタギ体験ツアーという記事にも同じような指の跡の画像がありました。


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wiz2.blog16.fc2.com/tb.php/226-6666d83d








トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。