診断士の経営視点とSEのシステム技術の両面からIT・システム開発・Web技術+アウトドア情報を提供しています

トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--------] スポンサー広告 | |

XOOPSでつくるビジネスサイト TinyDで自由にページを作る 

コンテンツ管理モジュール TinyDを使う

XOOPSを活用したビジネスサイト構築法 第一弾

R0010874XOOPSはCMS=コンテンツ管理システムだが、インストールしたままでは使えない。さまざまなモジュール=ブログ流に言うとプラグインを追加して自分なりに使いこなしていく必要がある。とはいえ、最初にどんなモジュールを追加すればよいか迷うところだ。今回は汎用的に自由にページが書けるモジュールを追加してみた。使いはじめとして、簡単に何でも記事が書ける状態にしてみる。

TinyDのインストール

GIJOEさんのページ PEAK XOOPSからダウンロード。解凍してサーバにアップ。

commonディレクトリはXOOPSのルートへ、tinyd0ディレクトリはmodulesディレクトリ下に。

サーバにアップしたらXOOPSの管理者メニューをクリックし、システム管理>モジュール管理でTinyDの列の右から二番目のインストールアイコンをクリックしてインストールを実行する。

TinyDの表示設定

管理メニューの左列からTinyDを開き、ブロックアクセス権限画面下部のグループ管理でゲストにも表示閲覧を許可。同画面の上部でTinyDのメニューとTinyDの内容の表示ページとブロック位置を指定。

TinyDの記事を書く

TinyD管理メニューバーからコンテンツの追加を選んで記事を書く。ビジュアルエディタとHTMLエディタが選べる等、ブログの記事を書くのとまったく同じ要領。

TinyDの記事の見え方

追加した記事はメニュー内のアイテム(サブメニュー)としてTinyDメニューに表示される。TinyDメニューから記事をクリックすると各記事ページが表示され、TinyDカテゴリをクリックしたときはTinyDのコンテンツ管理でHP(HomePage)とした記事が最初に表示さる。

XOOPSトップページにTinyDの記事を表示させることもできるが、この場合ブロック管理でTinyDのオプションに指定した記事が一つだけ表示される。

TinyDのメニューの見え方

既定ではサブにチェックが入っているので追加した記事はメニュー内のアイテム(サブメニュー)となるが、TinyD管理ページでサブのチェックをはずすとメニューには表示されなくなる。

TinyDのメニューをXOOPSトップページに表示させることもできる。

TinyDのページナビゲーション

TinyDの一般設定でページナビゲーションを設定すると、各ページの下部に前ページ、次ページのリンクとタイトルが表示される。

TinyDの使い方

XOOPSトップへの表示、TinyD内で最初に表示されるページの設定、TinyDメニューの表示設定が可能なので、TinyDを利用すれば、かなり充実したコンテンツが作れる。技術メモなどの関連するページを作っていくには便利なモジュールだ。インストールの際にtinyd0のディレクトリ名を変更したアップすると、複数のTinyDを同じXOOPS内で使い分けることができる。XOOPS技術情報とWordPress技術情報など、複数のコンテンツが管理できるので便利だ。

簡単にカテゴリ分けしたページが作れるので、XOOPSで最初に使うモジュールとしても最適だといえる。


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wiz2.blog16.fc2.com/tb.php/220-d1ac50ef








トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。