診断士の経営視点とSEのシステム技術の両面からIT・システム開発・Web技術+アウトドア情報を提供しています

トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--------] スポンサー広告 | |

基本に忠実なWebサイトの作り方 

WEBの目的と理念

WEBは誰もが簡単に情報を入手するための手段として、先人たちが築き上げてきた資源であり財産です。先人たちの努力が一企業や一業界の利益のためにゆがめられることのないよう、WEBの目的をシッカリと理解し、WEBの理念にのっとって行動することが、私たち求められています。

WEBの理念に立ち返る


WEBの歴史で見てきたように、WEBは誰もが間単に情報を受信したり、発信したりするために作りあげられたものであり、特定の環境に依存するものであってはなりません。このWEBの理念に立ち返り、誰もが読めるHTMLを記述するように努めることを「WEB原理主義」と呼んでいます。それは決して過激なテロリズムではなく、WEB本来の理念を踏まえた極めて基本的な考え方です。

WEBの理念とは?

  • 誰もが簡単に情報を受信(利用)できること
  • 誰もが簡単に情報を発信(提供)できること
  • それらの情報が相互に簡単に参照可能であること
  • 環境に依存せずに情報の受発信が可能であること

理念に忠実なHTMLを書くために

  • 構造はHTML
  • 表現はスタイルシート
  • 誰でもわかる、使いやすいページ設計=ユーザビリティ
  • どのような環境からも利用できること=アクセシビリティ

Web理念 実践ツール

■HTML文法チェッカ→Another HTML-lint
非常に役に立つサイト。HTMLの各バージョンての適合性が100点満点で採点される。テキストブラウザでの見え方も確認できるためSEOにも有効

Webの理念のためにやるべきこと

  1. 文法的に正しいHTMLを書く
  2. DocTypeやLang属性を正しく指定する
  3. コンテンツを構造化する
  4. デザインはスタイルシートで設定する
  5. ブロックエレメントとインラインエレメントをきちんと使い分ける
  6. すべての文はブロックエレメントの中に入れる
  7. Hタグは1から順番に使う
  8. 文字サイズは固定しない
  9. レイアウトのためのテーブルの使用はやむを得ない場合のみとする
  10. テーブルの入れ子はできるだけシンプルなものにする
  11. 画像を多用しない
  12. フレームは使わない
  13. 可能な限り利用者が自分の画面サイズに合わせて閲覧できるようにする
  14. 画面スクロールはできるだけ避ける
  15. 勝手に新しいウィンドウを開かない
更新履歴
2004. 7. 1 講習会資料として作成
2005.6.9 松本ソフト開発センターでの資料としてアレンジ
2005.11.吉日 中小企業診断士兼システムエンジニア複眼ブログにアップ


[2005-11-14] ウェブ講座&SEO | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wiz2.blog16.fc2.com/tb.php/22-e3d9deda








トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。