診断士の経営視点とSEのシステム技術の両面からIT・システム開発・Web技術+アウトドア情報を提供しています

トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--------] スポンサー広告 | |

二眼レフは究極のメカ 

RICOHは生粋のカメラメーカでした

このところRICOHのGX100が手放せません。RICOHと言えば、理研(理化学研究所)の流れをくむ日本生粋のカメラメーカですが、デジカメファンの間ではリコーってカメラメーカなの?という声もあるようです。

カメラメーカとしてのリコーの歴史は、今をときめくキャノンやニコンよりも古く、名機RICOH FLEXでは日本のカメラの生産量の半分を占めていたほどのカメラメーカです。

と力説していたら、松本ソフト開発センタのT氏が、お父さんの形見の二眼レフを持ってきてくれました。

R0010522S.jpg
開きかけのバタバタファインダ

R0010518S.jpg
ファインダを開いて撮影状態に入った二眼レフ RICOH FLEX

機械的メカの魅力

R0010516S.jpg
これが二眼=上下二つのレンズです。上のレンズはファインダへ、下のレンズがフィルムへ光を誘導します。

R0010515S.jpg
二つの目が被写体をとらえます。ピントはレンズの周りのギアーについているレバーを上下して調節します。


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wiz2.blog16.fc2.com/tb.php/200-c9aedef1


・さらに進化した次世代の手ブレ補正機構VRIIを搭載・約11倍の高倍率ズームレンズながら、ズーム全域で最短撮影距離0.50mと使いやすさも向上・小型 SWM (超音波モーター) の採用により静粛性に優れたスムーズなオートフォーカスが可能・7枚羽根円形絞りの採用で、自然なボケ
[2007/07/23 17:11] URL レンズがたくさん






トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。