診断士の経営視点とSEのシステム技術の両面からIT・システム開発・Web技術+アウトドア情報を提供しています

トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--------] スポンサー広告 | |

ロリポップの404エラーページを何とかする 

ロリポップは確かに安価で高機能なレンタルサーバだが・・

ナウでヤングなロリポップの問題点

それは
toppage.jpg
このオチャメなトップページだ。

「ナウでヤングなレンタルサーバ」というぺヤングの焼きソバ風なキャッチコピーもいただけないが、この画面は勘弁して欲しい。

ロリポップをビジネスで利用する際に最も困ること

まあトップページは契約者にしか見えないから何とか我慢するとしても、利用者にも見えてしまうのが
404error.jpg
このエラーページだ。何と悲しい画面だろう。とてもビジネス向けのサイトとはマッチしない。

この寂しげにうつむいた女の人の絵を、MovableTypeのインストールに失敗した夜中に見ると泣き出したくなってしまう。

そこでロリポップのエラーページを変更することにした

ロリポップの説明ページに従って、.htaccessを設定し、自分の趣味にあったエラーページをアップする。

.htaccessの変更

ErrorDocument 404 /error/404.html
という行を.htaccessに追加する。ErrorDocument 404のあとにエラーが発生したときに表示するHTMLファイルを指定すればいい。

この例の場合は、ロリポップのルートの下に error というディレクトリを作り、そこに 404.html というエラーファイルを置いている。

.htaccess はロリポップのルートに置いておけば、配下のディレクトリでも有効となる。.htaccess が無い場合は新規に作ることになるが、.htaccess は htaccess ではないので注意。前にピリオドがあります。

404.htmlをアップする

適当に404.htmlというファイルを作り(もちろんHTMLの分文法に従って)、.htaccess で指定したディレクトリにアップする。

今回はこんな感じで
404html.jpg

これで夜中に悲しい気持ちにならずにすむだろう。

ロリポップで実際の画面を見たい方はこちら → 404エラー画面



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wiz2.blog16.fc2.com/tb.php/137-98cac30a








トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。