診断士の経営視点とSEのシステム技術の両面からIT・システム開発・Web技術+アウトドア情報を提供しています

トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--------] スポンサー広告 | |

MovableTypeのデータベースをMySQLに移行する 

MTで作るビジネスサイトのDBをMYSQLに移行

MT3.2からMT3.33にアップしたついでにデータベースBerkleyDBからMySQLに変更する

BerkleyDBが原因かどうかは分からないが、投稿後の再編成でエラーが頻発する。サイトの再構築だとうまく行くが、どうも気持ちが悪いんで、データベースをMySQLに変更することにした。


データベースの変更は結構たいへんだった

ところが、これが予想外に難航した。configの書き換え後、データコンバートすればいいはずが、データが変換されず、ログインすらできなくなった。

Database Convertで問題解決

MT Database Convert を使って、何とかMySQLに変換できた。感謝!!

結局は  BerkleyDBのパスをサーバの物理的な構成のまま記述すること が必要だったようだ。

設定の変更には慎重さが必要

FTPでアップする際に、configファイルを取り違えていたためにハマッタようだ。設定の変更は焦らず、慎重に進めることが大切だ。

MySQLに変更した後は、長大なページの保存後再編成も問題なく実行されている。




BerkleyDBに問題あり?

データベース変更後はエラーが出ないと言うことは、BerkleyDBに問題があったと言うことでしょうか。
うーん、まいるなぁ...
[ 編集 ] [2006/10/02 13:20]

問題があると言うよりは

BerkleyDBに問題がある と言うよりは、
BerkleyDBには限界がある と言ったほうが適切でしょう。

ディレクトリにindexやデータファイルがゴロゴロしているところから判断すると、BerkleyDBは昔のC-ISAM、CT-ISAM、B-Treeなどのファイル管理ツールの延長にあるDBではないか と思います。

データ量が増えてくると、PostgreSQLやMySQLなどのDBMSに比べて弱点が見えやすくなるのではないでしょうか?
[ 編集 ] [2006/10/02 16:22]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wiz2.blog16.fc2.com/tb.php/136-91b585d3








トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。