診断士の経営視点とSEのシステム技術の両面からIT・システム開発・Web技術+アウトドア情報を提供しています

トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--------] スポンサー広告 | |

MovableTypeにブログを移行する FC2編 

MovableTypeに他のブログからエントリを移行する

昨日はMovableTypeからMovableTypeへブログを移行した。今日は他のブログからMovableTypeへの移行を検証する。

FC2無料ブログからMovableTypeへの移行実験

マクロテストで撮ったラベンダ他のブログの代表として無料ブログではNo2と言われている FC2ブログ からMovableTypeへの移行を行う。

手順は以下の通り

  • FC2にログインしてバックアップを取る
  • バックアップファイルの文字エンコードを変更する
  • MTのサーバにバックアップファイルをアップする
  • MTにログインして、読み取/書き出し を実行する
  • MTで再構築を行う

1.FC2にログインしてバックアップを取る

FC2にログインし、ツール → データのバックアップを選択。FC2ブログ形式でバックアップする を実行し、バックアップファイルをディスクに保存する。

2.バックアップファイルの文字エンコードを変更する

FC2の文字コードは EUC、MTは UTF-8。両者の文字コードが違うのでそのまま移行すると日本語が文字化けしてしまう。バックアップファイルの文字コードを変更する必要がある。 → 文字化けの例

と言っても、そんなにたいへんなことではない。文字コードが指定できるエディタでバックアップファイルを開き、文字コードを UTF-8 を指定して書き込むだけである。エディタとはテキストファイルを編集するワープロソフトのようなもの。メモ帳もエディターと言えるが、文字コードが変更できないので、TeraPad などを使うことになる。

3.MTのサーバにバックアップファイルをアップする

ここからはMT同士の移行と同じ。MTがあるサーバのimportディレクトリに文字コードを変更したバックアップファイルをアップする。

4.MTにログインして、読み取/書き出し を実行する

MTにログインして、ユーティリティ → 読み込み/書き出し画面を開き、「読み込み/書き出し」タブを選択。エントリーの投稿者を自分にする のチェックをONにして、読み込み/書き出しボタンをクリック。

テキストエリアの枠内に実行中のメッセージが表示され、しばらく待つと、エントリーやカテゴリーが追加されている。

ここで安心することなく、アップしたファイルを消しておかないと、次回に今追加したエントリーがダブって追加されてしまう。これまたMT同士の移行と同じ。

5.MTで再構築を行う

最後にMTを再構築すると追加した記事が反映されている。

 → FC2からMTへエントリーを移行した後のブログを見る

この複眼ブログをそっくり移行した。昨日移行したMTブログとFC2ブログの記事が一緒に表示されている。

→ MovableTypeから移行したエントリー

→ FC2から移行したエントリー 昨日の記事

このようにMovableType同士あるいは異なるブログからMovableTypeへの移行ができた。ただし、画像が移行できない、特定のカテゴリのみの移行ができない、コメントの移行に若干の問題が残る等々、解決しなければならない点もある。それらへの対応については次回に続く。


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wiz2.blog16.fc2.com/tb.php/116-e2767fe3








トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。