診断士の経営視点とSEのシステム技術の両面からIT・システム開発・Web技術+アウトドア情報を提供しています

トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--------] スポンサー広告 | |

MTでカテゴリごとにレイアウトや処理を変える 

カテゴリでデザインを変えるには

信州蓼科高原クレマチス ブログでは、あるカテゴリだけ処理やデザインを変えたいことがあるが、MovableTypeではカテゴリをカタマリとして取扱っているため、個別のカテゴリに対する処理を記述する方法がない。

MTSwitchがある

困った時のプラグイン頼み。カテゴリなどをMTで識別するためのプラグイン MTSwitch がある。

Arve Bersvendsenからダウンロードして解凍、.plファイルをMTのあるpluginディレクトリにアップ。MTのプラグイン一覧に登録されたことを確認して、インストールは完了。

使い方は簡単。他の言語の Switch文と同じ。識別する対象を MTSwitch で value="○○"で指定して、MTSwCase value="■■" で識別したい値を書き、以降に■■で実行する処理を書くだけ。

MTSwDefault を指定すると、■■以外の値のときの処理がまとめて書ける。

エントリ・アーカイブで■■カテゴリだけに日付を表示し、他のカテゴリでは日付を表示しない例

< !-- カテゴリごとに日付の有無を切り分ける --> 
< MTSwitch value="[MTArchiveCategory]"> 
< MTSwCase value="■■"> 
< MTDateHeader> 
< h2 class="date-header"> 
< $MTEntryDate format="%x"$> 
</h2> 
< /MTDateHeader> 
< /MTSwCase> 
< MTSwDefault> 
< /MTSwDefault> 
< /MTSwitch> 

MTSwitchを使えばカテゴリ以外でも処理が分岐できる

もちろん、MTSwitch の後の値を変えればカテゴリ以外でも処理やデザインを切り分けられる。あとはアイデア次第。


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wiz2.blog16.fc2.com/tb.php/104-f1befc3a








トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。