診断士の経営視点とSEのシステム技術の両面からIT・システム開発・Web技術+アウトドア情報を提供しています

トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--------] スポンサー広告 | |

若葉のころ 

IMGK5514

光を受けて新緑に輝いています。冬の間、芽を包んでいた茶色の燐片がまだ残っています。

スポンサーサイト

MTOS5 カスタマイズメモ テーマとテンプレート 

この記事はMTOS5のカスタマイズ作業時のメモとして投稿してたものです

MT3ではテンプレートは管理画面でコピー&ペーストするしかなかった。

MT4ではテンプレートセットという概念が導入され、yaml ファイルとmtmlファイルを作っておけば、サーバのthemesディレクトリにアップして、デザイン>テンプレート画面で選択して適用できた。

MT5ではテンプレートセットが拡張され、テンプレートの他にカテゴリやフォルダ、画像までを含めたテーマとなり、ツールにテーマのエクスポートという新機能が追加された。テーマをエクスポートすると、MT4時代に自分で作成していた yaml ファイルやmtmlファイルなどを自動で作成してくれる。出力先はmtディレクトリの themes。

テーマという考え方の導入により、テンプレートセットの切り替えは、デザイン > テンプレートではなく、デザイン > テーマで選択して切り替えるようになった。(MT4ではデザイン > テンプレート > テンプレートセットの初期化?で選択して切り替えが可能)

ウェブサイトでエクスポートしたテーマはウェブサイトのデザイン > テーマに反映され、ブログでエクスポートしたテーマはブログのデザイン > テーマに反映される。テーマのエクスポートでは、どちらのテーマも mtディレクトリのthemesディレクトリに出力されるが、themes.yaml の class で ウェブサイトのテーマか、ブログのテーマか判断していると思われる。








トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。