診断士の経営視点とSEのシステム技術の両面からIT・システム開発・Web技術+アウトドア情報を提供しています

トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--------] スポンサー広告 | |

たまにはブナ以外の紅葉も 

信州ブナの森探訪者ではありますが

池田町の大カエデ、見頃という看板に惹かれて足を延ばしてみました。県道から6キロ、大峰高原に着くと眼前にカエデが飛び込んできます。

R0014785

カメラマンが引きも切らず、360度からカエデを狙っています。

IMGP9718

緑と赤が混在しています。紅葉と落ち葉を狙うのであれば今週末がいいかもしれません。

スポンサーサイト

シーサーブログで実際に作ったビジネスサイトのサンプル 

シーサーブログでビジネスサイトを作る

3回にわたってFC2ブログを比較しながらシーサーブログを評価してきた。

R0014701

 ⇒ シーサーブログで実際に作ったビジネスサイトのサンプル の続きを読む

シーサーブログはFC2を超えているか? 

シーサーブログはビジネスサイト向き

シーサーブログのコンテンツ(紛らわしい名前なのでモジュールと呼ぶことにする)は、FC2のプラグインより便利だ。ビジネスサイトを構築する場合、HTMLに一切手を入れることなくトップページの内容が固定できるのが嬉しい。

ただ、シーサーブログにも問題はある。最初は再構築。まだ記事が少ないので、本格運用時にどのくらいの時間がかかるかは不明なため速度の問題はおいておくが、モジュールの配置やモジュールの変更内容がページ表示に反映されたかどうかが分かりにくい。ブログを見る をクリックすると再構築されているようだが、そのたびに新しいウィンドウが開くのも厄介だ。

IMGP9607

 ⇒ シーサーブログはFC2を超えているか? の続きを読む

FC2ブログのライバル シーサーブログてビジネスサイトを作る 

シーサーブログとFC2

R0014192シーサーブログは多くの点でFC2ブログと似ている。機能が豊富、豊富すぎて初心者には使いこなしが難しい面がある、カスタマイズOK、アフィリエイトOK、独立系?だが長年の信頼はある、広告が少ない などなど。ブログファンによると FC2のアクティブユーザ数が 395,395、一方シーサーは100,346。FC2は依然として高水準を維持しているが、シーサーは減少傾向のようだ。充実したブログなのになぜだろう。ハードルが高いのが原因だろうか? あるいはテンプレートのデザインに問題があるのか? 個人的には、FC2もシーサーも LiveDoorブログなどと比べれば、はるかに優れていると思うのだが。

シーサーブログの特徴 FC2との違い

独自ドメイン以外に、FC2ブログとシーサーブログではテンプレートの考え方が大きく異なっている。FC2はHTMLとCSSをセットにしてテンプレートとして提供している。公式・共有あわせて 5,000種類以上という圧倒的な数がウリだ。シーサーのテンプレートは基本的にCSSの違いによるもの。テンプレートではなくデザインと呼んでいるのはそのためだろう。FC2と比べると選択できるデザインの数は少ない。最近、画像からテンプレートを作成できるようになったらしいが、今回は手を出さない。

シーサーのカスタマイズはCSSだけでOK

シーサーブログがデザインだけでHTMLを配布していない理由はコンテンツにある。シーサーの言うコンテンツとはページに配置する要素のことだ。FC2のプラグイン、あるいはXOOPSのブロック管理のようなもの。ただし、シーサーの場合、FC2プラグインに比べて配置および設定の自由度が高い。

FC2のプラグインはプラグインカテゴリ1,2,3、として、サイドバー左、右、中央(メインコンテンツ)に配置するが、シーサーは左・右・中央に加えてヘッダやフッタにも配置できる。ヘッダには、ブログ名やブログの説明がコンテンツとして配置・入れ替えが可能だ。さらに、シーサーでは、ブログの記事もコンテンツとして管理できる。記事をコンテンツとして管理できることで、テンプレートの負担を減らし、スタイルシートだけで柔軟な対応が可能となっている。この点はFC2のプラグインよりすぐれている。

シーサーブログはトップページだけに限定して表示することもできる

注目すべきは、コンテンツ管理の中で、ページレベルごとの表示非表示まで制御できることだ。特定の要素をトップページだけに設置する といったことができる。XOOPSのブロック管理のように。しかもXOOPSのように面倒ではなく、コンテンツの配置画面で、トップページ/カテゴリページ/個別記事ページのアイコンをクリックするだけで済んでしまう。

FC2の場合、テンプレートのHTMLに手を入れて !--index_area-- !--/index_area-- などと書いていたが、シーサーブログがそんな苦労は必要ない。アイコンのクリックだけだ。

ブログで作るビジネスサイトにはコンテンツの表示非表示が必須

日記ブログの場合、トップページ/カテゴリページ/個別記事ページの表示の切り替え機能は必要ないかもしれないが、ビジネスサイトにとっては重要な機能だ。トップページが常に入れ替わってしまっては不都合だからだ。トップページの上部に表示される内容を固定することがビジネスサイト化の第一歩だ。シーサーブログなら、何の苦労もなく対応できる。


FC2ブログのナキドコロ 独自ドメインが使えない 

FC2無料ブログにも弱点が

IMGP9388機能豊富、カスタマイズ自由、検索エンジンにも強く、ツールも盛りだくさんのFCブログだが弱点がないわけではない。

プラグインの中でテンプレートタグが効かない、特定のカテゴリの抽出ができない などなど。その中で検索エンジン対策上、最大の弱点は独自ドメインが使えない!ということだろう。

QAによると

A.対応しておりません。FC2ドメインで取得したドメインも同様に未対応です。今後対応予定は現在未定となっております。

とのことだ。確か、以前に早急に独自ドメインに対応する というアナウンスがあったような気がするが、今は未定ということなのだろう。

どうしても独自ドメインを使いたい場合は

FC2が対応してくれるまで待つわけにはいかない。Seesaa(シーサー)ブログは独自ドメインに対応している。機能も豊富、老舗ブログで信頼性もある。カスタマイズも可能だ。昔シーサーブログを使ってみたときはカスタマイズに限界があり断念したが、数年前からコンテンツHTMLが編集可能になり、カスタマイズできる対象が拡張している。真剣にシーサーブログに取り組むことにした。

FC2が独自ドメインに対応してくれていればこんなことにはならなかったのだが・・・


ブナの森から 2008秋 Part6  

山の奥に進むうちに、青空が広がってきました。枝先のブナの葉が赤く輝きます。

IMGP9358

枝越しに見える山肌も赤く染まっています。

IMGP9342


ブナの森から 2008秋 Part5 

いろいろ

一口に黄葉と言っても、いろいろな色があります。同じ木であっても微妙に色あいが違います。

R0014062

光によっても色は変わります。

R0014036

多様な色と変化する光で森が輝いています。

R0014126


ブナの森から 2008秋 Part4 

横を見ても

360度ブナに囲まれています。日がさせば遠くの林が明るく輝き、陰れば近くの木が存在感を増します。

IMGP9062

上を見ても

ブナの葉が頭の上を覆っています。落葉が進んでいるため、青空の部分が広がってきました。。

R0014054


ブナの森から 2008秋 Part3 

高原の朝日

R0014140

山々に囲まれた草原の遅い日の出です。待ちかねたカメラマンが一斉にシャッターを切ります。

R0014138

朝日がミズナラの巨木を照らし始めました。牧場の草は霜で白く輝いています。

R0014144

夢中でシャッターを切る間にも朝日は上り、草原に光が満ちてきました。荘厳な朝の儀式の終了です。

R0014156


ブナの森から 2008秋 Part2 

一年ぶりのブナ

上りと下りでは見える景色も違うかと、去年とは逆の西コースからブナの森に入ります。コースの入り口はほとんど葉を落としたダケカンバが林立しています。ほどなくブナの森となり、黄葉の見事さにため息が出ます。360度どこを撮っても絵になりそうです。そんな中、カメラのファインダーに懐かしさを覚えました。去年も撮影したブナの木です。今年は色づきが早いようですが、雪に耐えながらも元気そうです。ひと安心して道を進みます。

R0014121

カヤノ平のブナは巨木こそ少ないものの元気なブナが多く、どこか明るい印象を受けます。

R0014088

青空が広がってきました。明るいカヤノ平のブナの黄葉が日差しを受けていっそう明るく輝きます。気持ちの良い一日になりました。

R0014078


ブナの森から 2008秋 Part1 

山は紅葉の盛りを迎えつつあります

このところ技術系のお話しが多かったので、雰囲気を変えてブナの森の秋の画像をアップしていきます。RICOH GX100 とPentax *istDS+DA35mm/2.8MacroLimitedでの撮影。いずれもノートリミング&ノーレタッチです。

標高1450mのカヤノ平ブナ黄葉

R0014125

「日本一美しい」という評価もある信州木島平村カヤノ平ブナの森。「日本一美しい」かどうかはさておき、この森には気持の良い遊歩道があります。ブナの落葉を踏みしめ、ブナ黄葉を見上げながら、1周2時間程度の山歩きです。アップダウンも少なく手軽にブナの森を楽しめます。

IMGP9093

ブナは森で最初に芽吹き、最後に落葉する樹です。ブナが黄葉の最盛期を迎えているということは、他の木々の紅葉は終盤に差し掛かっています。

ブナの森には付き物のオオカメノキですが、カヤノ平では紅葉はまばらでした。

IMGP9115

色とりどりの森の色に歓声を上げながら30分ほど歩くと遊歩道の中間地点。大ブナ歩道という名前にもひかれますが、ここは湿原への道を進みます。

タグ: 信州 ブナ 黄葉 紅葉 カヤノ平

カートに入れるボタンを自分のサイトにはり付けてみよう 

FC2カートに外部の商品ページからリンクを張る

自前のサイトに商品ページを作り、そのページにFC2カートへ連動する カートに入れるボタンを設置したい。

ところが、FC2カートのQ&Aには

Q 6. 自分のHPにカートを埋め込み方を教えて下さい。
A.HPにカートを埋め込むことはできません。HPからカートへのリンクを張るようにお願いします。

とある。

この質疑はちょっと曖昧だ。
「カートを埋め込む方」とはいったい何のことか?カートの商品ページを埋め込むのか? カートに入れるボタンを埋め込むのか? カート自体を自分のサイトにに埋め込むのか? ????

答えも曖昧だ。カートへのリンクを張る とは何を指しているのだろうか?
 ○○サイトのカートはこちらで・・・などとカートトップへのリンクを張るのか?
 ●●商品のお買い上げはこちらでなどと・・・カートの商品詳細ページにリンクを張るのか?
 カートに入れるボタンでのリンクをはり、商品をカートに入れた後、カート確認画面を表示するリンクを張るのか?

埋め込みの意味は不明確なものの、規約違反をしてはいけない。FC2カートの利用規約を確認したところ、外部リンクについての規定はない(ようだ)。外部のページにFC2カートのカートに入れるボタンを張ってみることにしよう。

小布施の秋 画像1

北信州小布施も紅葉の季節を迎えようとしています。栗で名高い小布施ですが、家々には見事な紅葉を見ることができます。オープンガーデンとして開放されているので、個人のお宅のお庭に入っていけます。ちょっとした探検気分です。

この画像は、そんなオープンガーデンで撮影させていただいた一枚です。カートに入れるボタンの画像をクリックするとお買い上げいただけます。

FC2カートで商品の詳細を見る

価格:1円
注文数:

カートに入れるボタンをクリックするとFC2カートのサンプルサイトにリンクします。

自然派診断士のビジネステンプレートをご利用いただくと、FC2カートのソースをコピーして、URLを二か所変更するだけで、任意のページからFC2カートに連動できます。コピーする箇所も
▼▼カートに入れるボタン ここからコピー開始 ▼▼
▲▲カートに入れるボタン ここまで ▲▲ と明記されているのでHTMLに不安のある方でも対応可能です。


サンプル商品 木曽谷の職人がタモ材で作ったボールペン

サンプル商品 木曽谷の職人がタモ材で作ったボールペン

価格:3,000円
注文数:


[2008-10-11] ウェブ講座&SEO | TB(0) | CM(0)

無料で基本機能充実のFC2無料カートで頑張れる人 

FC2無料カートで頑張れる人の条件

FC2無料カートは初期費用無料&月額費用無料のショッピングカートだが、基本的な機能は充実している。たいていのことはできるが、残念ながらお客様へのメールに広告が入り、商品のオプションが1種類しか設定できない などの不満が残る。前回の記事ではFC2無料カートが使えない人の条件をリストアップしたが、今回は、FC2カートで頑張れる人の条件。

以下に該当する方はFC2無料カートがは使えるだろう。頑張ってみよう。

  • 広告が気にならない人
    カート画面には広告は入らないが、受注確認などのお客様へのメールに広告が入ってしまう。こんな感じだ。
    ---------------------------------------------
    <広告>FC2ショッピングカート http://cart.fc2.com/
    ---------------------------------------------
    広告と言っておとなしいものだが、これがメールの上下2か所に入ってしまう。これが一番の問題だろう。この点だけでも何とかしてほしい。有料版なら広告が入らないのだが、無料版の悲しさ。有料版へ誘導するためのポイントなのだろう。
  • 独自ドメインが使えなくても良い人
    カート機能だけを使う場合は独自ドメインは必要ないだろう。別サイト(商品紹介サイト)で独自ドメインを取得しておけば良い。
  • 商品点数がそれほど多くない人
    FC2無料カートには件数に制限はないが容量に制限がある 画像の量に左右されるが数百点程度の商品なら登録できるのではないか?
  • メルマガを発行しない人
    メルマガが有効な集客手段だと言っている方も多いが、勝手に送られてくるメルマガは迷惑だ。実際にどのくらいの集客効果があるのだろうか?メルマガをちゃんと読んでいる人はどのくらいいるのだろうか?ちなみに私は読んでいません。
    それでもメルマガを発行するという人には別のメルマガサービスを利用するという手もlある。
  • カート確認画面には商品画像がなくても我慢できる人
    商品画像は欲しいところだが、amazonにもないので我慢しよう。せめて商品ページへのリンクがあればいいのだが、逆に迷いの元になる可能性もある。
  • オプション1種類のみの制約を商品の設定で回避できる人
    これは前回の記事 コストをかけずに素早くネットショップを作る方法 を参照して欲しい。

以上、これらを満たす人はFC2無料ショッピングカートが使えるだろう。

タグ: ショッピングカート ネットショップ ショッピングサイト FC2
[2008-10-10] ウェブ講座&SEO | TB(0) | CM(0)

コストをかけずに素早くネットショップを作る方法 

このところショッピングカートを設置したい!というコンサルティングのご要望が続いている。ショッピングカートもイロイロ。選択に迷うところだ。

ショッピングカートを機能面から分類してみると

ショッピングカートは機能面から2種類に分類できる。

ひとつめは、カートに入れるボタンを既存の商品ページに設置、カートの確認⇒お客様情報の入力⇒決済方法・お届け先等の選択⇒注文確認⇒受注確認メールの送信を行うもの。機能限定型カートとでも言うべきサービスだ。AnglersNetのカートやJoyCartの簡単プラン、e-shopsカートなどがこのタイプだ。

もう一つは、機能限定型カートに加えて、商品の一覧や商品ページの表示が可能なトータルサービス型カート。トータルサービス型カートの中には、店長ブログを設置したり、メーリングリストの発行が可能なものもある。以前に当サイトでも分析した ColorMeShopPROやMakeShopなどがこのタイプだ。

ショッピングカートの分類は機能だけではない

上記の分類は機能面に注目したものだ。ショッピングカートは設置方法によっても分類できる。簡単に という点では、こちらの設置方法のほうが重要だ。

設置方法による分類のひとつめは、サーバにカートシステムをインストールして利用するサーバインストール型。当然、サーバを用意し、カートシステムのプログラムをインストールする必要がある。

もうひとつは、カートを提供している会社のサーバに設置してあるカートサービスを利用するもの。ASP型あるいはSaas型、簡単に言えばサービス利用型だ。こちらは登録申請のみでカートが利用できる。サーバインストール型に比べるとハードルが低く、簡単に素早くネットショップを構築したい という方におすすめだ。

簡単に!素早く!格安で!ネットショップを構築するには

サービス利用型カートのほうが簡単にショッピングサイトが作れる。一からショップを開設する場合なら、既存サイトがないのでトータルサービス型のカートシステムを選択するしかない。

では、最も格安で、スピーディに開設できるショッピングカートは?

いろいろな候補があるが、最も格安でショッピングサイトが構築できるサービスの一つに、毎度おなじみのFC2のショッピングカートサービスがある。何しろFC2のショッピングカートサービスは初期費用も月額費用も無料だ。これ以上格安なサービスは存在しないだろう。

FC2ショッピングカートは無料だが

FC2ショッピングカートは初期費用・月額費用ともに無料!、これ以上の格安カートは存在しない。しかも無料でありながら機能充実、自動返信メールはもちろん、入金確認メール・出荷連絡メールも売上ログから送信できる。文面は設定画面で自由に設定可能。テンプレートを使用すればFC2ブログ同様に、売れ筋商品や新着商品、商品検索などなどのプラグインをサイドバーに配置できる。フリーエリアもあるので、お店からのメッセージやブログ記事の抜粋などを追加することも可能だ。トップページにはユーザページという任意のページが表示できるので、お店の紹介やお買いもの案内に使えるもうれしい。会員登録やポイントサービスもOKだ。

FC2ショッピングカートに弱点はあるか?

無料で頑張ってくれているFC2カートだが、弱点も明確にしておこう。

  1. 独自ドメインが使えない
  2. アフィリエイトができない
  3. お客様へのメールに3行広告が入る
  4. 商品の数に制限はないが容量に制限がある(カート全体で50M)
  5. メルマガが発行できないい
  6. アクセス解析は当日限定
  7. 売上ログが出力できない
  8. 独自の商品番号が使えない(連番のみ)
  9. 商品のバリエーション(オプション)は1種類のみ
  10. カート欄から商品詳細ページが表示できない
  11. カート欄には商品画像も表示できない

ただし、弱点であげた 1から7は有料版に変更すると解消される。有料版は容量100Mプランで初期費用2,500円、月額費用750円となる。これでも他のサービスに比べたら格安といえるだろう。

最初から有料プランにする手もあるが、ここではシッカリ無料プランでがんばってみたい。

FC2無料カートで頑張れない人

以下に該当する方はFC2無料カートは使えない。有料版にするか、他のカートを探すことになる。

  • 絶対に独自ドメインを使いたい
  • 商品点数が多い
  • メルマガが発行できないと嫌だ
  • どうしてもカート確認画面には商品画像が必要だ

弱点のうち、6のアクセス解析はテンプレートに別途アクセス解析を設置すれば解決できる。専門のアクセス解析ツールのほうがより詳細な情報が取得できるだろう。

同じく、8の商品番号だが、FC2カートでは登録順に商品番号がつけられ、この番号でカート内の商品を管理することになる。連番なので、MODEL ZA1305P02 などという商品番号は使えない。商品名に独自の商品番号を入れて我慢することになるだろう。どうしても嫌だ!という方は別のカートを探してほしい。

商品バリエーションを工夫する

最大の問題は、商品バリエーションだろう。商品バリエーションとは、1商品(同一価格)に対する選択肢=オプションのこと。セータA に対して、色が赤・緑・青、サイズがL・M・S などという場合は、バリエーションが2種類になる。もし、色やサイズで商品金額が違えば別商品になるので逆にバリエーションではなくなる。

バリエーションは工夫次第。上記の例なら、色別に別の商品にしてサイズをバリエーションにする。あるいはサイズ別に商品にして色をバリエーションにする。などなど。商品は増えることになるのであまり多数の商品を取り扱っている場合は問題になるが、色別に商品を掲載できるというメリットもある。これでは対応できないという方は別のカートを探そう。

FC2無料カートのメリット・デメリットが把握でき、弱点を解消できそうなら、実際にFC2無料カートを使ってみよう。とにかく無料だ。ダメなら他のカート探す覚悟で、カートを勉強するつもりで使ってみても良いだろう。

タグ: ショッピングカート ネットショップ ショッピングサイト FC2
[2008-10-09] ウェブ講座&SEO | TB(0) | CM(0)

MTOS4.21のテンプレートセットをカスタマイズする 

MTOS4.21にオリジナルのビジネステンプレートセットを適用する

MTOS4.2からMTOS4.21にバージョンアップし、データベースもMySQLからSQLiteに変更した。次は、企業サイトやネットショップ向けにカスタマイズしたビジネステンプレートセットを適用する。インストール直後は、既定のブログテンプレートセットが適用されているので、このテンプレートセットをビジネステンプレートに変更することになる。

  1. ビジネステンプレートセットプラグインのインストール
  2. テンプレートの画面のアクションからテンプレートセットの初期化を選択
  3. 新しいテンプレートセット適用をチェック
  4. 次へをクリック
  5. 確認をクリック

これでテンプレートセットが変更された。

config.yaml の内容がウィジェットセットに反映されていなかった。config.yaml をサーバにアップして、テンプレートセットを再度初期化したら反映された。

気になったので新しいブログを作成してテンプレートセットを初期化したところ、同様にウィジェットセットに欠落があった。config.yamlは入れ替えずに、テンプレートセットの初期化だけを再実行したら欠落はなくなった。どうも、二回テンプレートを初期化する必要があるようだ。あるいは config.yaml の書き方の問題か?

ビジネステンプレートセットプラグインのインストール

ビジネステンプレートセットプラグインとして以下のものを作成準備する。

  1. congif.yaml
    テンプレートセット内のテンプレートの名前とファイル名、構成を記述するファイル
  2. templates/XXXX.mtml
    各テンプレートが記述されたファイル、MTのテンプレート管理画面の内容から作成する。ビジネステンプレートの場合50ファイル以上もあるので混乱しないように注意する。
  3. lib
    テンプレートセットをインストールするためのperlモジュール

これらが準備できたら、サーバのpluginsディレクトリにテンプレートセット用のディレクトリを作成し上記のファイルをアップする。これでビジネステンプレートセットが利用可能になるので、ブログのテンプレート管理画面で冒頭の処理を実行する。

テンプレートで使用する画像はmt-staticのimagesディレクトリにテンプレートセット名と同じディレクトリを作成してアップする。

テンプレートセットの作り方の記事を書こうと思っていたが、面倒なのでついつい先送りにしていた。実際、ファイルの数が多く、試行錯誤を繰り返すことになるので、本当に面倒だった。と考えていたら親切な方がテンプレートセットの作り方の説明をしてくれている。実に丁寧に詳しく説明されている。いまさら同じ記事を書いても仕方がない。テンプレートセットの作り方についてはMovable Type 備忘録の記事を参照願いたい。


FC2カートの個別商品ページへ

タグ: MTOS4.2 ビジネステンプレート カスタマイズ インストール テンプレートセットの作り方

MTの再構築が遅い!MTOS4.21+SQLiteインストール 

MTOSの再構築の遅さにもう耐えられない

MTOS4.2を使っているが、日に日に再構築に時間がかかるようになってきた。「MT4.2になって再構築が3倍速くなった!」などという話もあるようだが、少なくともナウでヤングなサーバ lolipop で MySQL を使っている場合、もうこれ以上耐えられないレベルだ。MTOSも4.21になったことだし、この際、これまでのブログとは別に、MTOS4.21+SQLiteで新しくブログを作ることにした。

MT3、MT4.2で作ったこれまでのブログの記事等は引き継がず、まっさらのデータで再スタートすることにした。データを引き継ぐ場合、convert CGI を使うことになるが、MT4.2には対応しているのだろうか?

MTOS4.21をインストールする

ちょっと前にあれほどMTOS4.2インストールしたのに、もう手順を忘れている。念のため記録しておく。

  1. MTOSのサイトからMTOS-4.21-jaをダウンロード
  2. ローカルで解凍
  3. 解凍したファイルをサーバにアップ
    何と2000ファイルだ
  4. アップしたディレクトリにあるcgiファイルの権限を変更
  5. ブラウザから mt.cgi を実行
  6. MovableTypeへようこその画面で開始ボタンクリック
  7. モジュールチェックが実行される
    SQLiteV2.0のドライバがなかったがV1があるのでOKとする
  8. DB設定 ここでSQLiteを選択
    ところが接続テストでエラー! DBのディレクトリを作り707にするとエラーは解消した
  9. メールの設定
  10. configの設定
  11. アカウントの作成

これでインストールは終了。ファイルのアップロードに時間がかかることはこれまで通り。

MySQLとSQLiteの違い

MySQLはMTのすべてデータが同一のDBで管理される(MT3.3やMT4.2のデータも同じDBに入る)が、SQLiteはインストールしたMTごとに1ファイルとして保存されるのでバックアップも楽だ。MT3やMT4.1を使っていたとしても、MT単位のDBとなるのでインストール時のDBの更新も必要ない。ただし、phpMyAdminは使えなくなる。まあ、phpMyAdminも便利とは言い難いツールなのでよしとしよう。過去のMTとは独立して管理できるほうが便利だ。

次は、ビジネステンプレートセットを追加して、サイトの設定を行うことになる。

タグ: MTOS4.2 ビジネステンプレート カスタマイズ インストール 再構築 遅い






トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。