診断士の経営視点とSEのシステム技術の両面からIT・システム開発・Web技術+アウトドア情報を提供しています

トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--------] スポンサー広告 | |

信州もあつい 

R0012673

今日は曇って気温はいくらか低めのようですが、作業場はパソコンとサーバの熱気で暑い! 雪のブナ林が懐かしく思い出されます。

スポンサーサイト

ブナの森から ブナのかたわらには 

IMGP8041

オオカメノキはブナ林で良く見かけます。名前のイメージとは違って可憐な花を咲かせていました。

IMGP8040

新緑に浮き立つ葉脈。秋には緑から赤のグラデーションが楽しめます。


ブナの森から ブナ林の多様性 

ブナの森にはミズナラ・ムシカリ・ハウチワカエデやウリハダカエデなど、ブナ以外の木々も育っています。

IMGP8029

ミズナラの若葉。大きな葉を大量に茂らせ、ドングリの雨を降らせるミズナラも若葉は可憐です。

IMGP8028

芽吹き⇒若葉⇒新緑=緑 という固定観念をくつがえすミズナラの若葉。若葉にはいろいろな色があるようです。

IMGP8031


ブナの森から 若葉の輝き 

IMGP8035

芽吹いたばかりのブナの若葉は柔らかなうぶげにおおわれています。銀色の光が鮮やかな新緑を縁取っています。

IMGP8027

やがて銀色の光は失われ、緑のしっかりとした葉に育っていきます。若葉を包む銀色の光は、芽吹きの時だけの輝きです。

 ⇒ ブナの森から 若葉の輝き の続きを読む

ブナの森から 水上の絵画 

IMGP7956Re

水面に映る新緑のブナ

IMGP8017

 ⇒ ブナの森から 水上の絵画 の続きを読む

ブナの森から 鎌池3時間 

IMGP7948

鎌池は鎌の形をしていることから名づけられた小さな池です。雪がなければ30分ほどで一周できますが、雪を踏みしめての撮影散歩は3時間ほどかかりました。


ブナの森から 残雪の谷 

R0013494

5月17日土曜日、小谷温泉鎌池のブナの森を訪ねました。芽吹きは進み、残雪に埋まった谷の向こうに新緑のブナの木々が待っています。


波田町のしだれ桜とカタクリ 

河岸段丘に味な町 波田町の枝垂れ桜とカタクリ

IMGP7897

以前に撮った画像ですが、来年の撮影会のために参考までにアップしてみました。

IMGP7777

見事な枝垂れが何本も咲き誇る景色は壮観です。田圃に水がはられ、夜にはライトアップされるようです。

IMGP7812

昔から乗鞍に行く途中で見かけて気になっていたのですが、今年は満開の時期に撮影することができました。

WordPress日本語版2.5.1にプラグインを追加する 

WordPress日本語最新版2.5.1へのバージョンアップは無事終了した。
次にMEで使っていたプラグインを追加する。

プラグインは、
 1.GoogleSitemap作成プラグイン
 2.Sitemap自動作成プラグイン
 3.問い合わせフォームプラグイン の3つ。

IMGP7861

1.GoogleSitemap作成プラグイン
Google (XML) Sitemaps Generator for WordPressから同プラグイン3.0.3.3をダウンロード。

解凍後、google-sitemap-generatorのフォルダーごとサーバのwp-content/pluginsの下にアップロード。

設定メニューのプラグイン画面で使用可能に。

同設定メニューの設定画面でXML-Sitemapを選択してプラグインの設定を行う。
とはいえ、ほとんど既定のままでOK。
今回は、xmlのスタイルシートが旧ドメインのママとなっていたので、新ドメインに変更しただけ。
念のため、設定画面上部のリンクをクリックして Rebuilt the sitemap を行った。
sitemapファイルの名前は sitemap.xml。

テンプレートのsitemapリンクをクリックして検索エンジン用サイトマップを確認する。Google以外の検索エンジンにも使える。

検索エンジンに巡回申請登録していなければ、このサイトマップを使って申請しておこう。

2.Sitemap自動作成プラグイン
上のサイトマップは検索エンジン用のxmlサイトマップ。ここで追加するのは 人間用のサイトマップ。グローバルナビでサイトマップをクリックすると、サイト内のページの一覧を表示するためのもの。
紛らわしいので、シッカリ区別しておくこと。こちらのプラグインはDagon Design Sitemap Generator v3.13

Sitemap Generator Plugin for WordpressからLatestReleased For WordPress 2.1 through 2.5 をダウンロード、解凍後、sitemap-generator のディレクトリをサーバにアップ。

設定メニューのプラグイン画面で使用可能に。

同設定メニューの設定画面でDDSitemapGenを選択してプラグインの設定を行う。
まず、言語で Japanese を選択し、いったん更新。画面リフレッシュ後、日本語ガイドが表示される。
出力オプションでpr-時と投稿の表示順を設定。
ページ番号で複数ページの表示方法を設定。
その他で xmlサイトマップのファイル名を設定。(サイトマップにxmlサイトマップへのリンクが表示される)

次にグローバルナビのサイトマップページに DDSitemapGen が自動的に生成してくれるサイトマップへのリンクを設定する。

管理メニューからサイトマップページ(WordPressのページ)を開き、
HTMLエディタで
<!-- ddsitemapgen --> と書いておく。

これで、グローバルナビのサイトマップをクリックしたら、このプラグインが自動生成したサイトマップが表示されるようになる。

最後にプラグインが作るページのためのスタイルの追加。

レベルに応じて字下げするように、スタイルシートに
/* プラグイン用スタイル */
/* DD SitemapGenerator */
.ddsg-wrapper ul
{
padding-left: 25px;
}
を追加して作業は完了した。

3.問い合わせフォームプラグイン
PXS Mail Form - WP Pluginからダウンロード、解凍後、pxs_mailディレクトリをサーバにアップ。

設定メニューのプラグイン画面で使用可能に。

同設定メニューの設定画面で PXS-Mail を選択してプラグインの設定を行う。
送信時のメッセージを日本語で入力。

最後にグローバルナビのお問合せページに PXS-Mail へのリンクを設定する。
管理メニューからお問合せページ(WordPressのページ)を開き、
HTMLエディタで {mailform}  と書く。

以上、グローバルナビのお問合せをクリックするとメール送信フォームが開く。
ただし、このプラグインでは問合せ項目の変更はできないようだ。

WordPress日本語2.5を最新版2.5.1へバージョンアップする 

WordPress2.5.1がリリースされた。テストサイトでWordPressME2.3からWordPress日本語版2.5.1へ無事にバージョンアップできることはすでに確認済み。運用サイトをWordPress日本語版の2.5から2.5.1へアップする。

IMGP7876
WordPress日本語版サイトより2.5.1をダウンロードして解凍。

WordPress日本語版サイトのアップグレードの説明ページには古いバージョンのWordPressファイルを消してから、新しいファイルをアップロードする とあるが、テンプレートが消えてしまうと困るので、FTPで上書きする。

上書きアップロードが終了したら、/wp-admin/upgrade.phpにアクセスする。
データベースが古い という旨のメッセージが表示されるので、更新をクリックする。すぐに処理は「終了し、WordPress日本語最新版2.5.1へのアップグレードが完了した。

従来通り表示されている。テンプレートは変更する必要ないようだ。



wordPress日本語版対応 左右サイドバーウィジェット 

以前、WordPressME2.2以降のウィジェット widget の変更方法の記事を書いた。
これからはWordPress日本語版2.5(または2.5.1)を使うことが多くなるので、WordPress日本語版に対応する3カラム用ウィジェットのカスタマイズ方法の記事を追加する。

3カラム版なので、ウィジェットを2個使い、左右のサイドバーに表示することにする。ウィジェットの個数やウィジェットの前後に出力するHTMLは functions.php で指定する。このfunctions.php はログインやテーマエディタでも参照しているようなので(あるいはfunctions.phpでグローバルエリアの設定を書き変えている?)変更の際は十分注意する点はMEと同様(あるいはME以上)。

以下、WordPress日本語版2.5.1の function.phpのカスタマイズ箇所。

<?php
// wp-content/themes/default の functions.phpの記述をコメント化
//if ( function_exists('register_sidebar') )
// register_sidebar(array(
// 'before_widget' => '<li id="%1$s" class="widget %2$s">',
// 'after_widget' => '</li>',
// 'before_title' => '<h2 class="widgettitle">',
// 'after_title' => '</h2>',
// ));
//変更箇所
if ( function_exists('register_sidebar') ) {
// ウィジェットを適用するブロックの数だけ定義する WordPress日本語版は動的配列
register_sidebar(array('before_widget' => '<div class="menu">','after_widget' => '</div>','before_title' => '<h3 class="widgettitle">','after_title' => '</h3>',));
register_sidebar(array('before_widget' => '<div class="menu">','after_widget' => '</div>','before_title' => '<h3 class="widgettitle">','after_title' => '</h3>',));
}

// 以下は wp-content/themes/default の functions.phpのまま

左右サイドバーにウィジェットを配置し、ウィジェットを class="menu" というdivでくくり、タイトルをh3として表示している。






トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。