診断士の経営視点とSEのシステム技術の両面からIT・システム開発・Web技術+アウトドア情報を提供しています

トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--------] スポンサー広告 | |

MTビジネスブログ トップページ投稿方法 

トップページに記事を書く

日記ブログと違いビジネスブログではトップページには固定的な記事が表示されます。サイトの紹介、お知らせ、セールの案内などなど。


 ⇒ MTビジネスブログ トップページ投稿方法 の続きを読む
スポンサーサイト

MTビジネスブログ 商品記事投稿方法 

商品ページの書き方

商品カテゴリの記事=商品ページはトラックバックを不許可に、コメントを許可にして、各商品のサブカテゴリ(トップカテゴリではありません、サブカテゴリです!)に投稿します。

 ⇒ MTビジネスブログ 商品記事投稿方法 の続きを読む

MTビジネスブログ カテゴリ設定方法 

MTビジネスブログでカテゴリを設定する

カテゴリ名

カテゴリを順序良く表示させるために、カテゴリ名の先頭に3桁の数字とハイフォンをつけます。ページに表示されるときは、数字とハイフォンをカットして、数字の小さい順に表示されます。

 ⇒ MTビジネスブログ カテゴリ設定方法 の続きを読む

MTに投稿した記事はどこにある 

投稿した記事がどこに保存されているか 知っていますか?

MTは日記としての使用を前提としているため、何も設定しないと投稿した記事は年月ごとに保存されてしまいます。ビジネスで記事を年月ごとにまとめる必然性はあまりありません。日記以外の記事の場合、いつ書いたのかを覚えていることはまれでしょう。ビジネスブログではカテゴリごとに記事がまとまっていたほうが断然便利です。

カテゴリごとに記事を保存する方法

MTにログインし、ブログを指定。環境設定メニューから設定を選択し、詳細モードで表示します。詳細・基本モードの切り替えは、画面上部右端にあるリンクで行います。詳細モードから、公開タブをクリックし、アーカイブマッピングでエントリアーカイブの出力フォーマットを確認します。

アーカイブマッピング出力フォーマット

初期値では yyyy/mm/entry_basename.html となっているはずです。この指定により 年月別に記事が保存されているわけです。これを category/subcategory/entry_basename.html に変更すれば カテゴリ>サブカテゴリの下に記事が保存されるようになります。日本語タイトルの場合、entry_basenameがpost_XX などとなってしまう点がつらいところですが、これでカテゴリごとに記事をまとめることができます。


ブログ活用事例 サンプルサイト開設 

サンプルサイトを作りました

ブログ活用事例のサンプルサイトを制作しました。

MTで作っているのでブログのメリットを100%活かせます。その他に投稿画面のカスタマイズ、さまざまなSEO対策を施したサイトです。

MovableTypeの活用事例 物販サイトサンプル最新版


ブログ活用事例 HTMLの壁を越える 

ブログにも存在するHTMLの壁

ブログを使えば簡単に記事が投稿できると言われていますが、本当に簡単に記事が投稿できるのでしょうか?

確かに日記的な記事であれば、文章と画像を入れるだけで良いので、簡単に投稿できるかもしれません。しかし、ビジネスブログで商品画面を作るとなると、日記的な記事というわけにはいきません。

例えば下の画面のような記事=ページを投稿しようとした場合、どうしてもHTMLやスタイルシートの知識・技術が必要になるのではないでしょうか?


ブログであっても、本格的なページを書くにはHTMLやスタイルシートは勉強しなくてはならない ということです。やはりブログにもHTMLの壁は存在します。

HTMLの壁を越える方法

 ⇒ ブログ活用事例 HTMLの壁を越える の続きを読む






トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。