診断士の経営視点とSEのシステム技術の両面からIT・システム開発・Web技術+アウトドア情報を提供しています

トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--------] スポンサー広告 | |

ショッピングカート実験室 

ショッピングカートのキーワード検索を外部から利用する

カートシステムの試用期間が終了したため動作確認できなくなりました

キーワード検索
 
 

規約上の問題がなければ、ショッピングカートのキーワード検索機能をカート外部から利用することもできる。(form action の飛び先に ショッピングカートのURLを追加)

現在の設定では、メーカ名はカテゴリとして設定されているため、検索の対象とななっていない。ここで使用しているカートでは、商品名、一言コメント、詳細データが検索の対象となっている。メーカ名と型式検索に変更するのは無理がある。

ショッピングカートの商品カテゴリへのリンクを追加する

商品カテゴリ1

商品カテゴリ2

商品カテゴリ3

カートに入れるボタンを外部ページに貼り付ける

ラグ(ゴムクローラの山の部分)が厚く、長時間の使用に耐えます。  劣悪な環境で使用することが多い建設機械用は、ゴムが肉厚でないと長く使用するのに耐えられません。 独自の合成ゴムと天然ゴムの比率で強度抜群のゴムを肉厚で使用しています!

カートのスタイルを適用せずに表示してみる

カゴヘ入れる 

スポンサーサイト

[2009-04-24] システム開発 | TB(0) | CM(5)

さらに進化しました(メーカ名と型式による適合検索) 

システムは進化しています

Zukudasの皆さんにはおなじみの あるサイトのイメージを借りて、メーカ名と型式で検索する仕組みのサンプルを作りました。

昨日アップした メーカ名と型式で適合する商品を表示する仕組み がさらに進化しています。

データは少ないのですが、適合検索の動作をご覧になれます。 ⇒ メーカと型式による商品適合検索サンプルサイト

画像がリンク切れになっているのはご愛敬です。また例によってIEでの動作に問題が(IEの問題が)ありますが、これもご愛敬ということで。

カートに入れるボタン自動表示

適合商品の一覧にカートに入れるボタンを追加しました。現時点では架空の商品なので SoldOut になってしまいますが、データをきちんと整備すれば、スクリプトにデータとして設定された商品番号を組み込んで、個々の商品をカートに入れるボタンを自動的に表示することができます。

半角全角、大文字小文字 何でもOK

昨日までは全角での検索でした。データとしては型式は半角大文字で作られていますが、今日からは半角でも全角でも、大文字でも小文字でも検索できるようになりました。

適合商品がなくても親切な対応を

適合する商品がなかった場合、該当するメーカの全商品の一覧を表示して、型式が探せるようになっています。

ウェブサイトとシステムが融合すると

ネット上での競争が激化しています。ユーザの利便性を高めるうえで、システムの活用は重要な要素となっています。数多くの商品を陳列して、ユーザに選ばせる時代は終わりました。ユーザを迷わせたり、待たせたりしてはいけません。高速かつ的確に商品を提示することが売上アップにつながります。

特別なプログラムやデータベースは必要ありません

上記のサンプルシステムはAjaxと呼ばれるブラウザ共通の仕組みを使っています。データはExcelで作っています。特別なプログラムや大掛かりなデータベースを使わなくても、このくらいのことはできます。Ajaxを組み込んだHTMLファイルとExcelから出力したデータをサーバにアップするだけでOKです。カートに入れるボタンの自動作成も簡単でした。

あなたのサイトにも必要なシステムがあるかもしれませんね。

このサンプルは AZAZUさんとの撮影会でのお約束を実行したものです。

自然派診断士は、約束を守ります。


[2009-03-13] システム開発 | TB(0) | CM(6)

メーカと型式から適合する商品を表示する仕組み 

商品数が多い場合や、特定の機種にしか使えない商品の場合、商品の選択が面倒になる。

そこで、メーカと型式を入力すると、適合する商品を表示する仕組みを作ってみた。

以前、Ajaxで郵便番号から住所を、住所から郵便番号を表示する仕組みを作ったことがある。郵便番号はデータ量が多いので、本格データベースで構築したが、今回はもっと手軽にExcelからTab区切りのテキストデータを使うことにした。DBを使わないので、データを取得する仕掛けは Ajax、検索はJavaScriptで行うことになる。



メーカ+型番から適合する製品を表示する Ajax

タブ区切りテキストを読み込み一致したデータ項目を表示します

FC2ブログの場合、テキストファイルがアップロードディレクトリ(別サーバ?)に置かれてしまうため、データの読み込みができず、動作しないようだ。残念。

メーカ: 型式:

実際に動作するサンプル

メーカを選択し、型式を全角で?!入力してください。

データが少ないので、コマツ+P、ヤンマー+Bくらいしか結果がありません。あしからず


[2009-03-12] システム開発 | TB(0) | CM(0)

奇怪だが、良くあること 

このところ、PostgreSQLやOracleのデータベースをマイクロソフト社のアクセスから操作するシステムを開発している。マイクロソフト社のアクセスには大量データを処理すると不安定になるなどの問題があるのだが、短期間に効率的にシステムを開発したい、さらに専用データベースをクライアントが非定型業務で活用したい という要求に対応するには、現時点でもマイクロソフト アクセスは有効なツールだ。

ところが、案の定、わけのわからないエラーが発生してしまった。サーバ上のPostgreSQLとOracleのテーブルをリンクしていたMDBを元に、ローカルのアクセスデータベースに切り替えたとたんに、「プロシージャの呼び出し、または引数が不正です」というエラーが出る。システムの起動直後にログイン画面を表示しようとすると、「プロシージャの呼び出し、または引数が不正です」というエラーだ。MDBの作成直後から出ることもあれば、一回目は正常に動作し、二回目以降にエラーとなることもある。もちろんプログラムの中身は一切変更していない。テーブルをアクセスのJetに変えただけだ。当初アクセスのJetで作ったMDBをPostgreSQL、Oracleに変更したMDBを元に戻しただけだ。

 ⇒ 奇怪だが、良くあること の続きを読む
[2007-11-20] システム開発 | TB(0) | CM(5)

Excelとデータベースの連動 

ExcelからDBのデータを取得する

データベースのデータをExcelで加工できれば、帳票や分析作業をExcelに任せることができて便利だ。

実現方法はいろいろある。かつてはHTML(今ならxml)形式に出力したテーブルをExcelに取り込んでいた。べたな方法ならCSVに吐き出してExcelに取り込む方法もある。

Excelデータベースクエリの設定

ここではExcelの外部データの取り込みの中からデータベースクエリで取り込む方法を採用した。

ExcelにMicrosoftクエリがインストールされていること。標準インストールではクエリは設定されていない。データ>外部データの取り込みを選択する。インストール画面が出たら、インストールCDをセットしてしばらく待つ。

Excelデータベースクエリを使う

設定が終われば、データベースクエリが使える。データ>外部データ>データベースクエリを選択する。ODBC>テーブル>フィールドと選択する。範囲抽出条件や並び順も指定できる。

Excelで抽出条件を可変的に指定する

範囲抽出条件がミソ。使うたびに条件がExcel側で変更できなければ実用上意味がないからだ。

データ>クエリの編集を選択して、クエリ画面を開き、おなじみのACCESS風クエリ画面で条件をパラメータにする。between [開始番号] and [終了番号] など。

この状態で、ファイル>実行結果をExcelに返す を実行してもExcelに反映されているが、毎度こんな操作をするわけにはいかない。クエリにパラメータを設定したら、Excelでデータ>パラメータを選択し、設定したパラメータの値をどこから取得するかを指定する。セルの値を選択し、Excelのどこかのセルを指定して、セルの値が変更されたらデータを更新にチェック。

これでExcelを開いたときは前回保存されたパラメータで抽出し、指定のセルの値を変更すると、即座に指定値で再クエリが実行され、データを取得しなおす。サーバに負荷をかけないためには、Excelを開いたときや、セルの値を変えたときではなく、明示的に取得したほうが良いだろう。

Excelとデータベースを連動して

これでデータの管理は本格DBで、データの加工、印刷、分析はExcelで という使い分けができる。Excelに印刷レイアウトを設定しておけば、システムで帳票を作ることもない。非定型業務もExcelに任せれば、使う側も、作る側も楽になる。

以上、Excel2000,2003で確認済み。2007は当分使わないので未確認。


[2007-01-30] システム開発 | TB(1) | CM(0)






トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。