診断士の経営視点とSEのシステム技術の両面からIT・システム開発・Web技術+アウトドア情報を提供しています

トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--------] スポンサー広告 | |

ユーザタグをどう使えばいいか?について考える 

ユーザタグは便利だと言われているが・・・

最近のブログでは記事の内容に応じてタグをつけることが当たり前になっている。ここで言うタグとは、h1やbrと言った< > でくくるHTMLタグではなくて、FC2ブログ言うところのユーザタグのこと。MovableType(MT および MTOS)やWordPress(WP)では単にタグと言っているので紛らわしい!この記事ではHTMLタグと区別するために「ユーザタグ」と呼ぶことにするが、MTやWPの「タグ」と同じものだ。

タグとは

そもそもタグとは、「荷札」や「付箋(ふせん)」といった意味だ。HTMLタグも、文章(コンテンツ)につけた荷札や付箋のようなものなのでタグと呼んでいる。ユーザタグも文章につけた付箋だ。

HTMLタグとユーザタグ

HTMLタグの場合、ブラウザがタグを解釈して表示を制御している。ユーザタグは情報の分類や検索に使うためのものだ。

ユーザタグとカテゴリの違い

ユーザタグは情報の分類や検索に使われる というと、カテゴリと同じではないか!という疑問が出てくる。カテゴリは情報=記事を分類し、分類された内容によって記事の一覧を表示するためのものだ。情報を分類し、情報を一覧表示するという意味では、ユーザタグとカテゴリは同じ機能だと言える。

ただし、ブログではカテゴリは固定的なものだという前提がある。ブログでカテゴリを変更する場合のリスクについては以前の記事で触れている。リンク切れが発生することがあるので、ブログではカテゴリを頻繁に変更追加することはおすすめしていない。テンプレートによっては、カテゴリによって表示レイアウトを変えている。後でカテゴリを変更すると困ったことになる可能性がある。カテゴリは固定的である と思っておいたほうがよい。

固定的なカテゴリに対して、ユーザタグは任意に使えるという点が最大の違いだ。ユーザタグは記事を書いている最中にいくらでも追加できる。いったん記事につけたユーザタグを変更するのも自由だ。

カテゴリは固定的、ユーザタグは自由に追加変更できるという違いを踏まえておこう。

自由に使えるユーザタグの使い方は?

ではユーザタグをどう使えばよいか? ご自由に!といわれても困ってしまうかもしれない。ユーザタグの使い方を考えてみよう。

ユーザタグの使い方 「カテゴリでは対応できない要素で分類する」

カテゴリは固定的だ。ネットショップなどのサイトの場合、カテゴリは商品の種類を基準として設定されていることが多い。ジュエリーに関するサイトやブログなら、ネックレス・ピアス・イヤリングなどなど。

ところが訪問者は商品の種類だけで検索しているとは限らない。ブランドや材質や価格を中心にジュエリーの記事を見たい!と思っている人も多いはずだ。カテゴリが商品の種類だけだと、このような人は、すべてのカテゴリを開いていちいち商品記事を見ていかなくてはならない。これはたいへんな作業だ。もしかすると、途中で嫌になって他のサイトに行ってしまっているかもしれない。一つの記事を複数のカテゴリに分類できるブログなら別にカテゴリを作って分類すればよいが、複数カテゴリが指定できないブログ(FC2もそうだ)では対応不可能だ。

ユーザタグとしてブランドを追加しておけば、ユーザタグの検索で指定ブランドの商品の一覧が表示できて便利だろう。

材質をユーザタグに設定しておけば、指定された材質、例えばシルバーで作られた商品の一覧が表示できる。

価格ごとのユーザタグがあれば、一万円以下の商品の一覧、十万円以上の商品の一覧、など予算に合わせた検索が可能になる。

クリスマスのプレゼントに適した商品なら、ユーザタグに「クリスマスギフト」というタグを追加しておくべきだろう。

記事に使われているユーザタグを記事の最後に表示しておけば・・・

ユーザタグは一般的には「タグクラウド」「タグリスト」などとしてサイドバーに一覧表示される。これを見れば、ブログ全体で使われているユーザタグを知ることができる。これはこれで便利な機能だ。ただ、すべてのユーザタグが表示されているので、今表示している記事との関連が見えてこない。

記事で使われているユーザタグの一覧を、記事の末尾に一覧表示しておけば、気になるタグをクリックするだけで、同じユーザタグが使われている記事が一覧表示できる。

ヴィトンのバッグの記事を見て、同じヴィトンの財布が気になったら、記事の末尾のヴィトンをクリックして、ヴィトン商品の記事の一覧が表示できる というわけだ。せっかくタグ付けしたのなら、ここまで対応したいものだ。

ユーザタグの使い方 「テンプレートを制御する」

ユーザタグによる検索が可能だ ということは、タグを抽出条件として使用できるということだ。タグ検索では、すべての記事の中から特定のタグがつけられた記事を検索して表示している。これをテンプレートに応用すれば、いろいろな拡張が可能になる。トップページに特定のタグの記事だけを表示する とか、サイドバーにタグが共通する記事を表示するとか・・・

MovableType(MT および MTOS)の場合、記事だけでなく、画像をはじめとするアイテムにもタグが使えるので、さらにアイデアは膨らんでくる。MovableType(MT および MTOS)では、カテゴリにもタグ付けができる。これも使えるかもしれない。

タグの使い方はアイデア次第だ。使わないのは、モッタイない。

スポンサーサイト
タグ: カテゴリとタグの違い タグの使いこなし タグ SEO 記事に表示

記事の末尾にタグの一覧とリンクを表示する 

FC2ブログの記事の末尾に記事のタグを表示する

ブログではタグの使いこなしが重要な要素となってきている。HTMLタグももちろん重要だが、ここで言っているタグとは、記事の投稿時に入力するタグのこと。FC2ブログでは「ユーザタグ」という名前で呼んでいる。一般のブログでは「タグ」と呼んでいるようだが HTMLのタグと紛らわしい。このタグ=ユーザタグは検索エンジン対策でも大切な要素である!というのがこのところの識者の意見だ。

前述の通りユーザタグは記事の投稿時に入力できる。FC2ブログではプラグインの「ユーザタグ」を追加すると、サイドバーにタグリストが表示される(おまけに本文中の文字にリンクをはってくれる!)。これはこれでOKだが、このユーザタグプラグインで表示されるのは、全ブログ記事のタグの一覧だ。せっかくタグ付けしたのなら、個別記事にその記事だけのタグの一覧を表示したいものだ。

プラグインを探してみたが

amazonや楽天と連動したプラグインはあるが、単純に記事ごとのタグを表示するプラグインは見つからなかった。連動も便利だが、記事のキーワードを際立たせ、テキストリンクとしてコンテンツに埋め込みたいところだ。

仕方がない、自作することにしよう。

記事の末尾に記事で使われているタグの一覧と検索へのリンクを表示する

FC2のテンプレートをチェックしたところ、tag_listで有効になる単変数 が使えそうだ。

rtagやstagはタグリストやタグクラウド用らしい。

tag_listで使える変数は2つ

  • <%topentry_tag_list_name> ユーザタグ名を表示
  • <%topentry_tag_list_parsename> URLエンコード化したユーザタグ名を表示

記事テンプレートの適当な箇所に下記のコードを追加する。適当とはいっても、本文の末尾、コメント・トラックバックの前あたりになるだろう。

<!--tag_list--><a href="<%url>?tag=<%topentry_tag_list_parsename>"><%topentry_tag_list_name></a> <!--/tag_list-->

tag_list から /tag_list が記事のタグを表示するループ。その中に タグの表示 %topentry_tag_list_name とタグ検索へのリンク a href="<%url>?tag=<%topentry_tag_list_parsename>"> を入れる。%topentry_tag_list_parsename はURLエンコードされたタグの名前。

タグのない記事の場合、何も表示させたくないので、上記のコードの前後に <!--topentry_tag--> <!--/topentry_tag--> を追加する。これでタグ付けされた記事だけ限定して表示される。また、記事中に表示させるので topentry ループ内にあることが前提となっている。

以上で、タグ付けしたキーワードが記事の最後に表示される。テキストリンク付きなので、文字列をクリックすれば、タグ検索結果が表示される。SEOでも有利だと思われる。よかったらお試しください。その際は、コメント願います。

この下の、全文表示させるをクリックして、記事全文を表示すると、タグの一覧が文末に表示されます。

トップページのプラグインにも、前述のコードを埋め込んで、トップページの最新記事にもタグを表示するようにしました。

タグ: タグ 記事に表示 検索エンジン対策 プラグイン 自作 テキストリンク SEO タグの使いこなし

MTOS4.2の限界6 アーカイブマッピングで困ること 

知らないところで管理していないページが読まれている可能性

これは限界と言うには語弊があるかもしれないが

アーカイブマッピングとは、再構築で作成するHTMLファイルのパスとファイル名の設定のことだ。ウェブページとブログ記事のファイル名がバッティングする可能性については、既に書いている。今回はカテゴリやフォルダの変更によって発生する困ったことについて。

記事の属するカテゴリを変更すると

ブログ記事のアーカイブマッピングがカテゴリ/サブカテゴリになっている場合に、記事が属するカテゴリを変更したとしよう。元のカテゴリは itemGroupA 。このときブログ記事のパス・ファイル名は itemGroupA/post-2.html となっている。次にこの記事のカテゴリを itemGroupB に変更したとする。ブログ記事のパス・ファイル名は itemGroupB/post-2.html となる。記事は既存のものを変更しただけなので記事番号は変わらないが、属するカテゴリが変わったので パスが変更される。

WordPressなどの動的ページなら

動的に生成されるページなら 元のページは見えなくなる。ところが静的ページの場合、いったん生成されたHTMLファイルは残る(MTのエンタープライズバージョンなら元のファイルを消してくれるという説明があったような気がするが、ここではエンタープライズバージョンは対象外とする)。

所属するカテゴリを変えた後で、記事本文の内容を修正したとしよう。当然、今のカテゴリのパスで生成された記事は修正される。しかし、元のカテゴリで生成した記事は何も変わらない。カテゴリを変更すると、元のカテゴリのパスで管理外の記事が残ってしまう ということだ。修正内容が重要なものだったとしたら、問題だろう。

検索エンジンにランクされたり、リンクされていると

まあ、元のページが残ったとしても外から見えなければ問題にはならないかもしれない。ただ、検索エンジンがそのページを収集していた場合、検索結果に元のページがリストアップされてしまう。そして、検索結果からアクセスしてきた人は、古い修正されていないページの情報を読んでしまう。リンクされていた場合も同様だ。これはチョット問題ではないだろうか?

カテゴリは変更しないこと、変更したら不要なファイルは消すこと

そもそもカテゴリを変更することが問題だ。ブログ・CMSではカテゴリは極めて重要な要素になっている。カテゴリを削除したり、変更することのないように、事前に十分検討しておきたい。

変更削除した場合でも、不要なファイルを削除しておきたいものだ。ただ、実際には削除するのは大変だ。時間はかかるが該当するフォルダの生成されたHTMLファイルを全部削除して、すべて再構築をするほうが実際的かもしれない。

カテゴリの出力フォルダ名の変更も同じこと

これまでは記事の属するカテゴリをAからBに変更した場合の話だったが、同じことはカテゴリの出力ファイル/フォルダ名を変更した際にも起こる。繰り返しになるが、ブログ・CMSの場合、カテゴリの構成と名前は十分に検討して決定しておくことだ。

ブログ記事を年月順に出力している場合

日記ブログは年月が大きな要素になるが、ビジネスサイトとしてブログを使う場合は年月は重要ではないと考えているため、年月順での出力は検証していない。おそらく、記事の月を変えると、出力先が変わり、同様のことが起こるのではないだろうか?

元のファイルが残ったほうが良い という考え方も

動的ページだと、元のページは残らない(というか動的なので元のページも今のページも最初からない)。これはこれで困ったことになる。検索エンジンや外部リンクがとリンク切れになってしまうからだ。

検索エンジンにランキングされたり、外部リンクされた場合のことを考慮して、元のページが残ったほうが、リンク切れがなくなるのでケッコウだ という考え方もある。ただし、内容が修正できない 管理外の情報を読まれている ということになる。

タグ: タグ SEO






トップブログでつくるビジネスサイト無料ブログでここまでできるCMSでつくるビジネスサイトウェブ講座&SEOシステム開発個人情報保護Googleでお仕事信州撮っておき情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。